初心忘るべからず | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 11月 28日 初心忘るべからず

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

担任助手4年の矢野です。

最近急に寒くなってきましたね。季節の変わり目は風邪をひきやすいので体調に気をつけてください!

さて、今日は12月から学年が切り替わる高校1・2年生向けに「初心忘るべからず」というテーマでブログを書きたいと思います。

初心忘るべからず

現在東進に通っている生徒は、12月から高校1年生は2年生へ、高校2年生は3年生(受験生)へと学年が切り替わります。

今まで遠くに感じていた受験も、学年が切り替わることで危機感を覚える方もいるのではないでしょうか。

12月から学年が切り替わるということで、みなさんにとっては大きな節目になります。

そこで、このタイミングだからこそ、みなさんに考えていただきたいことがあります。

それは、「初心」についてです。

特に高校2年生は受験生となり

「平日は2コマ受講!」「休日は3コマ受講!」「共通テスト同日体験受験までに高速基礎マスター講座の基本例文300を完全習得!」

などなど、どうしても目の前のことに精一杯で、数字を追っかけるゲームになってしまいがちです(もちろんこれも大事です)

結果、目の前に「やらなきゃいけないこと」が大量に溢れてしまうこともあると思います。

だからこそ、このタイミングで「初心」に立ち返ってみましょう。

おそらく皆さんの受験勉強は「やりたい」から始まっていると思います。

「自分の興味のある分野の研究をしたい」「将来やりたいことが決まっていないからこそ色んな経験をしたい」

その他にも、より個人的な想いもあるかもしれません。

今一度、このタイミングで「自分は大学に行って何をしたいかな、、」と想像を膨らませてみてください。

自分が大学に通っていることをリアルに想像すると、初心だけでなく新しい「やりたい」が生まれることもあるかもしれません。

このように少し考える時間を作ってみると、今目の前にある「やらなきゃいけないこと」は、初心には「やりたい」があったことに気づくはずです。

おわりに

学年が切り替わるという大きな節目を迎えるみなさんには、今一度「初心」に立ち返ってみていただきたいと思いこのブログを書きました。

初心を忘れず、12月から気持ちを新たに一緒に頑張っていきましょう!

今回のブログは以上になります、次回のブログもお楽しみに!