受験生応援ブログリレー1 〜毛利理暉〜 | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 18日 受験生応援ブログリレー1 〜毛利理暉〜

調布校ブログを見てくださっている皆様こんにちは。

担任助手一年、毛利理暉です!

今日から、受験生の皆さんへの応援メッセージをリレーしていきたいと思います!!

担任助手の皆さんへの想いが込められているので、ぜひ休憩がてら見ていってください。

 

共通テスト本番まで残り27日になりました。共通テストが初めての本番という方も多いと思いますが、

僕は皆さんがどのような気持ちで受験を迎えるのかが重要だと思います。

皆さんもよくご存知の林修先生の言葉を引用してお話します。

林先生は残り1ヶ月を迎えた生徒に、こう言うそうです。

「残り1ヶ月だね、この1ヶ月頑張れるかどうかがこれからの人生頑張れるか決まるよ」

これはどう言うことかと言うと1ヶ月間頑張れる自分を自覚できるかどうかと言うことです。

皆さんはこの言葉をどう考えますか???

受験生の中には、今の時期すごくメンタル的に追い込まれている人も多いと思います。

それはなぜかと言うと自分の成績や頑張りに自信がないからです!

自分の中にある本気で勉強することができているでしょうか。

このメンタル的に辛い時期を乗り越えるには、勉強しまくってしまくってしまくって成功体験をたくさん積むしかないんです!

 

それでもなかなか不安や悩みもあり勉強が進まない人もいるかと思います。

皆さんは昨日まで努力してきた自分を好きですか?こんなに長い間頑張り続けるなんて凄いことなんです。

そんなに合否に関して気負いせず、まずは頑張り続けた自分に自信を持ちましょう!

落ちてしまった時のことを気にして、点数が上がるんでしょうか。誰かが助けてくれるんでしょうか。

信頼できるのは頑張ってきた昨日までの自分と、これから頑張る自分の想像しかないんです。

頑張れないと気落ちして勉強をしなくなった時、昨日までの頑張っていた自分を裏切ることになりますよ!

 

ここまでで本当に伝えたいことは、受験本番を迎える段階で一番良い状態は、

今まで努力してきた自分に自信を持っていること

です。

ミスったらどうしよう、、、じゃなくて!

これだけ頑張ったんだどうなったって仕方ない!

と思えるくらいに本気になってみてください。

1ヶ月頑張れる人は1年頑張れる、1年頑張れる人は10年頑張れる、10年頑張れる人は人生一生頑張れる。頭の良し悪しやいい大学に入るのが重要ではなく、この努力と言うプロセスを若いうちに経験することが、受験における本質”なのだと林先生は説明しています。

まだ僕はこのお話を受験生のとき頑張ってよかったと、実体験として経験していませんが間違いなく努力した自分に誇りもありますし、自信を持って生きています。

皆さんにもこの直前期にさらに自分に自信を持ってほしいと思います。

 

最後までサポートするので頑張ってください!応援しています!

 

明日は田中寿仁佳担任助手です。お楽しみに。