受験生応援ブログリレー ~片山~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 12月 17日 受験生応援ブログリレー ~片山~

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!調布校担任助手2年の片山綾菜です!

今回は受験生に向けたメッセージを書こうと思います!!

先日、最終12月共通テスト本番レベル模試が実施されました。結果はどうでしたか?自分の思った通りの点数だった人も、そうでなかった人もいると思います。しかし、言葉通り、“最終”の模試でした。もう次は本番です。

みなさんの代は、共通テスト初年度ではありませんが、2年目でまだ年が浅いからこそ傾向がなかなか掴めず、不安に思っている人も多いと思います。数学が難化するなど、そういった噂はよく聞いたことがありますよね。

しかし、不安になりすぎてもいいことはありません。私は皆さんに胸を張って受験会場に向かってほしいと思っています。そんな私から、受験前最後のブログで皆さんに送りたいのは、

「人事を尽くして天命を待つ」

という言葉です。これは、私が好きな言葉で、試験など大事な節目の時によく自分に言い聞かせているものです。

「人のできることは全て最善を尽くした上で、あとは運命に任せる」という意味です。

受験当日を想像してみてください。今のまま勉強を進めていって、「今の自分は全てをやりつくした、もうやることはないぞ」という気持ちで受験会場に向かえているでしょうか?

その想像ができたという人は、最後の1か月間さらに仕上げをして本番に臨みましょう。

まだその気持ちが足りないと思った人は、自分で”まだ頑張れる余地がある”と思っているということです。最後の1か月間だけは絶対に後悔しない努力をしましょう。

先程、「共通テスト2年目はまだ傾向がわからないという不安がある」という話をしましたが、それは全受験生同じです。皆同じ共通テストの過去問を解いて、大体同じ模試を解いているのです。ですから、結果は、傾向が変わった云々ではなく、最後まで自分の勉強をどれだけ精度高くできたかにかかっていると私は思っています。

 

受験の結果は発表日になるまでわかりません。今、できることをできるだけしましょう。

このブログを読んでくれた皆さんには、最後の1か月間悔いのない努力をして、「自分はやり切った!」という気持ちで本番に臨んでほしいと思っています。

試験前も、試験中も最後の一秒まで諦めずに立ち向かってください!!校舎から応援しています!

 

共通テストまであと28日

最後まで走り切りましょう!

明日の担当は、松島担任助手です!お楽しみに!!