受験生応援リレー! ~第8走者~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 2月 18日 受験生応援リレー! ~第8走者~

こんにちは!調布校担任助手1年の山崎です!

受験生応援と題したこのブログも8人目まで来ました。

僕より前の7人の上級生のブログ、とても具体的で自分に合ったアドバイスがきっとあるはずなのでぜひ見てみてくださいね!

 

では今回何を書こうかな、と非常に迷いました。時期が時期なのでここから劇的な学力の向上は見込めない、というのが正直なところです(もちろんやった分だけ力になりますし、今やったところは本番まで忘れないと思うので勉強量を減らさないのは当たり前!)。

そこで皆さんにお伝えしたいのは”自信を持つ”ということの重要性です!

これから受験する大学は、第一志望だったりチャレンジ校だったりということが多いと思います。おそらく受験会場では周りの受験生がとても賢く見えるでしょう。(自分も実際そうでした^^)

そうすると「こんな私でも受かるのかな…」「多分だめだろうな…」などという気持ちになることもあるかと思います。

 

でも、その感情、意味ありますか???

 

無駄に緊張して少し時間配分間違えただけでとてもあせってしまったり、余計なこと考えて集中力が欠けてしまったり…

せっかく今まで勉強したことが本番で発揮できないのはとてももったいないと思います。

 

じゃあどうするか。

 

”自信”を持てばいいのです。

 

模試での結果やセンターリサーチの判定、今までの勉強などは一切関係ありません。チャレンジ校だろうが滑り止めだろうが第一志望だろうがそれも一切関係ありません。

 

ただその日の試験だけに対して自信を持ってください。『自分なら受かる』という。

 

もし自信が持てないようだったら自分に対して自信を持たせる工夫をしましょう。

例えば今までにやった過去問のうちちょっとでも「できたな」と思う年度の問題を復習することだったり、前日寝る前に自分の得意な科目、分野の勉強をしたりすること。そして当日会場に着いたら、自分の席から見える範囲で、「この人は確実に自分よりできないだろうな」という人(誰でも大丈夫!おすすめは外見が特徴的な人)を探してください。(あんまりよくないかもしれませんが口に出さなければ思うのは自由!!)そして試験中だったり休み時間だったりにあせったりしたらその人を見て落ち着いてください。試験中5秒その人を見るだけで落ち着けたりすると思います。

また、『緊張』もうまく使いましょう。

人生がかかってるともいえる大学入試。絶対に緊張すると思います。それは当たり前、普通のことです。緊張して心臓のBPMが190になったりしたら、

「自分緊張してんな」

と心の中で呟いてください。緊張していることを自覚するだけだいぶ落ち着くことができると思います。

 

長々と書いてきましたが、結局は本番でできるかどうか、です。今までの勉強の成果を目一杯発揮して、後悔なく受けきってほしいと思ってます。そのための自信を、ぜひ持った状態で試験に臨んでください。調布校から、応援しています!