夏休みだからこそ… | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 7月 24日 夏休みだからこそ…

調布校ブログをご覧のみなさん

こんにちは!

ついに昨日から試験が始まりました

担任助手の松本彩です

ちなみに今日は中国古典文学史の試験を受けます…

 

 

さて、ただいま我々調布校大学生スタッフは

絶賛テストandレポート期間★

すが

みなさんは夏休みですね★★

 

 

学校の授業がストップしている今、

 

え…

時間めっちゃあるじゃん…

何からやろう…

と思っていませんか?

思っているのではないでしょうか!

 

 

特に国公立志望の方!

夏休みは

今まで

後回しにしがちだった

センターのみの科目も

勉強しますよね?

 

 

そう!

国公立は勉強する科目がとにかく多い!

 

実際、国立文系の私が

受験に使った科目は

とても細かく分けると…

 

英語
現代文・古文・漢文
数ⅠA・数ⅡB
日本史・倫理・政治経済
化学基礎・地学基礎

 

となんと11科目

(厳密には5教科7科目)です。

…多いですね(笑)!

多いからこそ!のメリットもたくさんあったのですが、

その話はまたの機会に…

 

 

私立文系の多くは科目なので、

単純に倍以上です。

何も考えないで

やりたいことからやっていては

絶対に全てをやりきることはできません

 

 

そこで私はおすすめします。

1日の時間割を決めることを。

 

1日中時間を自分の好きに使えるからこそ

優先順位をきちんと決めた

1日の時間割

を作り、

毎日毎日その通りに行動する。

 

一見大変そうに見えますが、

高校では毎日

時間割通りに生活していますよね?

そういうことです。

 

具体例として、

昨年の私の7月末の1日をお見せします。

雑なグラフで申し訳ありません汗

 

古文と漢文、理科(化学と地学)は

1日おきに交互に

 社会(日本史、倫理、政治経済)は

日ごとに3つのうち1つを

順番に勉強していました。

 

 

重要な優先順位ですが、

大学によって

センター試験の科目ごとの配点に偏りがある

場合もあるので

 

これがいい!

というのはありません。

 

配点に偏りのなかった

お茶の水女子大学文教育学部を志望していた私は

二次でも使う英数国を優先していましたが、

 

一橋大学社会学部

(理科100点、社会10点という偏りがあります。)

を志望していた友人は

配点の高いセンターのみの理科

を重点的に勉強していました。

 

 

というわけで!

優先順位に関しては

 

自分の志望校のセンター配点を調べて

自分に合った作戦

をたてることが必須です!

 

我々スタッフ、

いつでもお手伝いいたします!

 

 

時間を自由に使える夏休み

だからこそ!

いかに毎日を同じように

規律よく過ごせるかが重要です。

 

 

自立して自律し、

夏を乗り切っていきましょう!

 

 

 

最後まで読んで下さり

ありがとうございました!

明日は暑さに負けずラクロスに打ち込む

吉岡担任助手です!

彼女に「あれ、日焼けしました?」は禁句ですよ(笑)

 

それでは明日のブログも

Don’t miss it !!

 

 

 

 

 

この夏の努力が君の受験を決める!

夏期特別招待講習

 

日までのお申込で

最大講座無料ご招待!

 

詳しくは下の画像をクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓