大学合格基礎力判定テスト | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 12月 3日 大学合格基礎力判定テスト

こんにちは、
調布校担任助手の大森です!
本日のブログでは12月6日に実施される大学合格基礎力判定テストについて書きたいと思います!

大学合格基礎力判定テストとは

大学合格基礎力判定テストとは、
主要教科(英・数・国)の基礎学力を徹底的に診断するためのものです!

一番の特徴は教科、単元、設問それぞれを詳細に分析してくれる帳票で、
さらに学習の優先度や弱点克服のための学習課題まで提示してくれます!

また模試の範囲が基礎知識を1から100まで網羅しており、
基礎力に抜けがないかを一回の模試で確認することができます!

まだまだ基礎力が固まっていない時期だと思うので、
皆さんしっかり受験しましょう!

模試の受け方

ところで、皆さんは模試を受験するにあたって”効率”を考えたことはあるでしょうか?
確かに、模試は受けて帳票をみることで苦手な分野を把握することはできます。

しかし!さらにそこから

「次の模試までに」

「この出来ていなかった範囲を」

「こうやって克服したいから」

「毎日これをする」

といったように、最終的には毎日の勉強計画まで落とし込むことをワンセットとして模試を受験すると、
さらに効率的に成績を伸ばせると思います!

特に”どのように克服するか”を考えるところに時間をかけるようにしましょう!

テスト期間

さいごに、新高校3年生のみなさんはテスト期間の真っただ中だと思います!

テスト勉強に追われているかもしれませんが、
これからは受験勉強と定期テストを両立して行わなくてはなりません!

今回、12月6日の模試もその練習だと思ってぜひ受験してください!

 

本日のブログは以上になります!次回は片山担任助手です!
お楽しみに!