小テストをなめたらあかんっていう話 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 9月 10日 小テストをなめたらあかんっていう話

調布校ブログをご覧のみなさん

こんにちは!


担任助手の松本です。

 

 

 

 

近況報告代わりに写真を…

 

 

 

 

お茶してはしゃいでいる私。

やたら楽しそうですね☆

スタバの似合う女子大生になりたいものです…

 

 

 

さて!


今でこそこんな
楽しくお茶する大学生をしておりますが

高校生、特に高1,2の頃

そんな余裕は

ほとんどありませんでした。

まあそのころ調布にスタバもありませんでしたが笑

 

 

当時の私の生活は

学校!部活!

そのまま習い事!

帰宅したら寝る!

 

という感じだったので、
(まだ東進生ではありませんでした)


課題は
当日の朝早起きしてやる
という
ギリギリの生活でした。

 

 

 

しかしその頃から
国立大学に行きたい
と思っていたので

周りの人よりも勉強しなきゃ

今から基礎を固めなきゃだめだ

という気持ちもありました。

 

 

 

なのでそんな生活の中
ひとつ心に決めていたのが

小テストで満点を取ろう

ということです。

 

 

私が高2だった時、週に1回

英単語
英熟語
古文単語
古文助動詞
漢字

の小テストがありました。

要するに

毎日何かしらの小テストが
あったわけです。

 

 

 

成績に直接反映されない、

10点満点くらいのテストだったので

手を抜こうと思えば
いくらでも手を抜けたのです‼

実際、全く勉強しないで挑む
友人もたくさんいました。

 

 

そんな友人たちを見ていて
私は思っていたのです

なんのための
小テストなんだ

運試しじゃないんだから

と。

 

せっかくテストされて
いるのだから

いい点を取ろう
と思うのが

自然な思考じゃないの?

 

とまで思っていました(強気)

 

 

こつこつ勉強し、
着実に数字で結果を残す。

 

高2の松本さんは
今と変わらず完璧主義者だったので、
基礎云々の以前に
ただただ満点を取って満足したい!
という気持ちもありましたが(笑)

 

日々の小テストで満点をとるべく、

通学時間や授業の休み時間、
寝る直前の10分などなど

時間を見つけて勉強していました。

 

 \その相棒のひとりがこいつです/

 

 

3年間親しくお付き合いした
英単語帳。

使い込んでボロボロになっていくことに誇りを感じていました。

 

 

 

そんなこんなで

こつこつ小テストで満点近い点数を取り続け、

いざ高3になった時

あ、英単語とか古文の助動詞とか結構知ってるな

という状態になっていて
大変助かりました。

 

 

全く未知のモノを覚える

というより

前に一回覚えたモノを思い出す

という感覚で、

基礎を早めに固められたことが

 

最終的には第一志望校合格に

つながったのかなと思います。

 

 

 

長々と話してきましたが
何を言いたいかというと

 

高1,2生諸君、

 

小テストを侮るなかれ!

 

今のうちに
やっておくと楽だぞ!

 

ということです。

 

 

9月になって
授業もスタートしたところで

小テストで満点を目指そう

という目標を持って

過ごしてみるのは
いかがでしょうか!

 

 

 

 

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!

明日のブログは

髙橋、天野担任助手に負けず劣らず
数学はお任せあれ!な

吉岡担任助手です☆

(ラクロス以外に紹介のネタがないなんてことは
決して無いですよ!本当に!)

 

 

それでは明日のブログも

Don’t miss it!!

 

 

 

あなたも東進の合格メソッドを体験してみませんか?

無料の体験授業合格指導面談実施中!

 

↓詳しくはコチラ↓