担任助手の高校時代~伊与久の場合~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 11月 1日 担任助手の高校時代~伊与久の場合~

 

 

誰だ、このかわいい少年は。

 

この少年は少年期を北海道の地で過ごし、良い餌をたらふく食ってきた。

水泳で体を鍛えながら、勉強などそっちのけで暴れて食って寝て…野生児であった。

 

 

あのお茶目でかわいかった少年は今…

真の野生児となった。

 

 

 

 

 

 

調布校ブログをご覧の皆様、こんにちは。
本日のブログは絶賛増量中の伊与久がお送りします。もう11月ですね、グッバイハロウィン。

時間の流れの生々しさを皆様にお伝えすべく、アルバムを引っ張り出してきました。

 

 

 

さて、調布校ブログは本日より
担任助手の高校生時代シリーズに突入いたします。

調布校の担任助手はみんなつい1・2年前までは高校生だったわけです。
(一見老けて見える泊君や末松君も、去年の今頃はナントぴちぴちの高校生であった。信じられない。)

 

僕達担任助手がどんな高校生活を送っていたのか…とてもエラそうに語れることなどありませんが、少しでも皆さんの充実した高校生活の参考になればなぁと思います。

 

このシリーズのトップバッター伊与久は一体、どんな高校生活を…?

 

Let`s go back !!

 

 

 

伊与久義康 (いよく よしやす)
のうみそきんにくにんげん
みず/かくとうタイプ  とくせい:がんじょう/エアロック
わざ:きあいパンチ/メガトンパンチ/みずでっぽう/ハイドロカノン
ともだち に なると たいいくかいけい かたパンチ を しかけてくる こうげきてき な どうぶつ。

 

実技教科が大の得意。内申点だけはあったので、推薦で自宅から近い都立調布北高校に進学。
全く勉強をせずに高校に入学した彼の入学時学力診断テストの順位はなんと
240人中220位!!

…いきなりどん底の高校生活の幕開けであった。

 

 

部活動は水泳部を選択。もともと水泳をやっていたのでその流れで入部。

なんだか怖そうな先輩が沢山いらっしゃる…この部活をもっとちゃんとした部活にしなくては!そう思った我々38期水泳部はいろいろと頑張った!(気がする)
後に伊与久は男子部員をまとめ上げ恐怖の脳味噌筋肉軍団を作り上げる。

気合の足りない一年生をプールへといざなう心優しい先輩の図。
(※深い信頼関係の下で成り立つ、落とし落とされの心地よい男同士の遊びのワンシーンです。危ないので真似はしないでください。)

 

僕にとってこの水泳部という集まりはかけがえのない物であった。
後輩のみんなは良くこんなV.G.(Violence Gorilla)と仲良くしてくれたものだ…みんな大学生になったら何かおごってあげよう。と思ったがその気持ちは一瞬で消えた。

 

 

 

 

 

この水泳部という組織と同じくらいに、当時の伊与久が愛した組織があった。

それは、一年生後期から所属させて頂いた生徒会である。
そんなに大それたことはしていないような気がするが、一応副会長(訳あって実質会長)をしていた。

 

僕らの代から”朝のゴミ拾い活動”を始めてみたり
球技大会の種目を変えてみたり
購買にお弁当を置いてくださいと頼んでみたり
校長先生との定例会議を設置していただいたり
文化祭の廃材で立派なベンチを作ってみたり…

 

きっと歴代の調布北高校生徒会の中でも指折りにアクティブな代であったと思います。北高をよくするために活動するべきだったのかもしれないけれども、何よりも自分たちが楽しくて動いてた気がしますね、その結果として最高の生徒会になった。

 

 僕らの代が卒業するときに、後輩が開いてくれたパーティーの写真です。自慢の仲間たちです。
あの時は雨が降ってたなぁ…ワッフルおいしかったなぁ…あのメンバー好きだなぁ…

生徒会、よかったなぁ(´_ゝ`)

今度みんなでご飯に行くことでもあれば、その時は僕のおごりで。なんて思った気がしたがこれも気のせいであった。嗚呼財政難。

 

 

 

 

水泳部生徒会
この二つの組織が僕の高校生活の中では2トップでしたが、クラスの皆との思い出も沢山。

学級委員をやらせてもらったり、体育祭で暴れたり、みんなでいい歌を歌ったり、文化祭にむけて本気でがんばったり、修学旅行で暴れたり、いろいろな所で暴れたり…

 

 

 

ここまで書きながら、高校生活を思い出してきましたが…
『あれ、意外に勉強の思い出が少ないぞ!?』というのが所感でしょうか。

高2の11月に東進に入学して以来、僕の成績はグングン上昇したわけです。
英語の伸び初めの時期なんかは、それはそれは楽しかったですよ?
今までできなかったコトが容易くできるようになる喜びをかみしめる毎日でした。

そして実は、僕の最終成績はオール5!文句なしの学年一位だったのです。

 

でも、僕の高校生活の中心は勉強ではなかったように思います。
勉強はして当たり前、一人でもできましたし東進には最高の環境がありましたしね。

 

 

高校でしか、今でしかできない貴重な経験がある。
それは人によって違います。勉強かもしれないし、部活かもしれない。一期一会の人間関係を本当に大事にしてほしい。今ある状況を、どうにかして楽しんでほしいと思います。

 

部活動、やるなら本気でやっちゃっていいんだぞ!
部活をやりながらでも、委員会をやりながらでも、本気でやれば勉強だってなんだってできる!
欲張れ高校生諸君!

 

 

まとめ:高校生活の全てを楽しんでください!勉強だけが高校生じゃないぞ!
(でも勉強もしないと後で痛い目見るぞ☆)

 

 

 以上、伊与久がお送りしました。

明日のブログは前回のブログで僕に髪型が昭和チックだといじられ気にしているそぶりを見せてはいるが実はいじられてオイシイと思っている川添担任助手がお送りします。

Don`t miss it!!