担任助手卒業ブログ~木下~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 5月 25日 担任助手卒業ブログ~木下~

調布校ブログを御覧の皆さん、こんにちは!担任助手4年の木下です。

タイトル通り、今月をもって担任助手を卒業するので、皆さんに最後のメッセージをお届けしようと思います。

 

ピンチはチャンス!

おそらく皆さんはこれからの受験生活で、たくさん悩み、たくさん壁にぶち当たると思います。そんな時に思い出して欲しい言葉です。

これは、小学校の先生が教えてくれた言葉なのですが、かなり有名な名言なので知っている人も多いですよね。私もすでに知っていた言葉だったので、その当時は特に感動した記憶はありません(笑)

ただ、今までの人生を振り返ってみて、この言葉の力の強さと信憑性の高さを感じています。

部活で大きな失敗をした時、模試の成績で点数がびっくりするほど下がった時など、私はありとあらゆるピンチに出会ってきました。おそらく皆さんもそうだと思います。

そんなピンチに出会った時、どのように乗り切っていますか?失敗を悔やみ、ただモチベーションが下がることを許すか、失敗は失敗だと割り切り、次に向けてのステップを踏むのか。どの行動を取ったからと言って正解不正解はないと思いますが(皆それぞれの人生なので)、大学受験においては明らかに後者です。

大きな失敗をすると、感情が揺さぶられることで危機感を覚え、今までと違う行動を取りやすくなると思います。それが、大きな成果を出せるタイミングです。ピンチによって今までより頑張れたり、違う方法を見つけられたりするから、チャンスになるんですね!

ピンチに出くわした際、大抵の人はもうだめだと諦めてしまいます。そこで諦めなかった人にチャンスが回ってくるという考え方もありますね^^志望校を考えるときなどに当てはまりますね!)

受験生である皆さんはこれから何回も模試を受ける機会があります。その都度点数を見てはピンチを感じ、そこから大きく飛躍していくことができます。

だから、辛いと感じてもそれはチャンスです!!!歩むことをやめてはいけません。辛い時に踏み出す一歩が皆さんをより強く逞しくしてくれます。

精神論になってしまいました。もちろん、効率的に勉強を行うことなど、論理的に勉強を行うことも大事ですが、最後は自分に負けない気持ちが大事だと思います。

最後になりますが、受験生皆さんを応援しています。自分を信じて、日々継続して頑張っていきましょう^^本当にお世話になりました!

皆さんの良い報告を待っています。