模試を受けた後の過ごし方 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 8月 23日 模試を受けた後の過ごし方

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は担任助手1年の片山です!

今日はいよいよ8月共通テスト本番レベル模試当日ですね!

まずは模試を受け終えた皆さん、おつかれさまでした!!

この模試を夏の1番の目標にして頑張ってきた人が多いと思います。

しかし、この模試を受けるのがゴールではありません。模試を受けた後からがスタートです!

今回私からは、模試を受けた後の過ごし方について話していこうと思います。

模試を受けて、家に帰って、まずしなければならないことはなんでしょうか?

それは、自己採点です!

今このグログを読んでいて、模試を受けたのにまだ自己採点をしていない人がいたら、今すぐにやりましょう!

一日中模試を受けた後で疲れているのは百も承知です。しかし、東進の模試であろうと、学校の模試であろうと、模試を受験した際には、必ずその日中に自己採点をしましょう!これは学年、文理を問わずです!

そして、自己採点をしたら、すぐに復習に入りましょう!

理想は当日に、少なくとも2日後までには復習を終えられるようにしましょう!

なぜか。

それは、時間が経つほど、自分が何を根拠にこの選択肢を選んだのか、どのような経路を辿ってこの答えにたどり着いたのかが曖昧になってしまい、復習の効率が落ちてしまうからです。(前回のブログで鷲尾担任助手も話していますね。)

そして、復習はただ答えと解法を確認するだけではなく、分析まで忘れずにしましょう!

分析をする上で、特に意識してほしいことが二つあります。

1. 志望校との距離を客観的に見る

模試は、周りのライバルとの差を確認するだけではなく、志望校との距離を測る絶好の機会です。

目標点に到達していない場合、それが何によるものなのか、どの分野でどのように失点をしているのかを、きちんと分析しましょう。そしてその差を埋めるために、次回までに自分がどの科目で、どの分野で、どれだけ得点を伸ばすのか、具体的かつ客観的に目標を立てましょう。

 

2. 勉強内容の優先順位をつける

受験生は着々と試験本番までの時間が迫ってきています。闇雲に色んな勉強に手を出していたら、試験本番までに時間が足りなくなってしまったなんてことになってしまいます。

次の模試で目標点を取るために、しなければならないことをまずは箇条書きに書いて、その優先順位をつけましょう。書くときはできるだけ具体的に、そしていつまでに終わらせるのかを書き出しましょう。そうして、優先順位の高いものからこなしていくことによって、限られた時間でより大きな成果を出すことができます。

 

受験生の皆さんは、これから秋にかけて次々に模試が立て込んでくると思いますが、一つ一つの復習・分析を丁寧にやりましょう!必ず皆さんの力になります!

 

以上で今回のブログを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回の担当は山城担任助手です!
お楽しみに!