模試当日の過ごし方 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 5月 30日 模試当日の過ごし方

調布校のブログをご覧のみなさん、こんにちは!

調布校担任助手の2年の片山です。

本日は早慶上理・難関国公立大模試、そして全国有名国公私大模試の実施日でした。受験した皆さん、おつかれさまでした!今回は、模試当日の過ごし方について話していこうと思います。

 

すぐに自己採点!

今日は一日中問題を解いて、疲れていると思います。それでも受験生ならば、必ず模試当日に自己採点をしましょう!いつも口酸っぱく言われると思いますが、どんな模試でも必ず当日にやりましょう!

なぜなら、数日経ってから自己採点をしようとすると、自分がどのように解答を導き出したのかがうろ覚えになってしまうからです。模試当日に自己採点をするのが一番効率が良いのです!

また、模試で間違えた問題は自分の伸びしろです。間違えた問題を分析して普段の勉強につなげるには、一日でも早いのに越したことはありません。

普段のマーク模試とは違い、正確な点数を出すことは難しいと思いますが、自分がどの問題を正解して、どの問題を間違えたのかは、はっきりさせましょう。また、自己採点の際には、記述模試ならではの答案の書き方にも注意して復習してください!

 

分析をしよう!

間違えた問題を分析しましょう。この時期であれば、間違えた問題が既習範囲であったのかどうかも、一つ大事なポイントになってきます。

未習範囲→まずはその部分のInputをしましょう。受講を6月末までに修了し、未習範囲をなくしましょう!

既習範囲→習ったことがあるはずなのに間違えたのはなぜなのか、をよく分析しましょう。この部分を次回以降間違えないようにできるかどうかが実力を伸ばす鍵です!

時間が足りなかったのか、計算ミスなのか、問題文の読み違いなのか、様々な理由があると思いますが、自分で原因を考えて、普段の演習や次回の模試で生かせるようにしましょう!

 

今日模試を受けて、このブログを見た人はラッキーです!疲れているとは思いますが、最後寝る前に自己採点をしてから、明日に備えてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回のブログ担当は丹羽担任助手です!お楽しみに!