泊の高校時代 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 11月 9日 泊の高校時代

こんにちは!

担任助手の泊駿太郎です!

昨日は僕が通っている早稲田大学で学園祭があり、僕はそこでバンドを組んで出演しました。前にどこかで書いたかもしれませんが、The Beatlesのコピーバンドです。

誰もが知る名曲「Help!」から、ちょっとマイナーめな曲まで全部で8曲!けっこう頑張りました。笑

頑張った甲斐もあってライブは大盛り上がりで、嬉しい限りです。

なんと会場のライブハウスのスタッフの方に「今度うちでやる忘年会に出演しない?」と声を掛けていただきました!

 

さてさて早稲田祭の話が大分長くなってしまいましたが、

本日のメインテーマは、僕の高校時代です。

思い返してみると、僕の母校、調布北高校での生活は、特筆すべきことは何もないような普通のものだったので今回このブログを書くのに若干の苦労を要しているわけですが、頑張っていきたいと思います。笑




高校1年生はアルバイト
高校2年生はアルバイトとちょっと勉強
高校3年生はけっこう勉強、かなりエンジョイ

僕の高校生活、こんなもんでございまして、本当に特に語れるようなものではないのですがまず、

僕の高校生活の大半を占めていたアルバイト。
高1の4月から僕の母親が働いていたうどん屋さんで始めました。
目的は社会勉強小遣い稼ぎ
このアルバイトを通して働いてお金をもらうとはどういうことかを知ることができたのは良い経験だったと思っています。
バイト先の店長さんが仰っていた「我々は誰に給料を貰っているのか?」という問いは、仕事へ取り組む態度を教えてくれました。(答えは考えてみてください笑)
(あと僕はキッチンスタッフだったので卵を片手で割れるようになりました。笑)

次に、エンジョイ。笑
高校3年生のときが僕の人生で一番楽しかった時期でした。
合唱祭実行委員をやったり文化祭の演劇でメインキャストをやったり(悪役でした笑)300人くらいの前で弾き語りライブやったり。昼休み教室でチョコフォンデュやったり100kg超のやつが体重で窓ガラス割ったりデーモン閣下のメイクしたり……….
本当に楽しかった!!!!笑

そして最後に勉強。
これは高1から振り返っていきましょう。
受験生のときでこそ英語はそこそこ得意科目でしたが、高校1年生の頃は英語が学年で235/240位だったのに全く危機感を持っていないヤバイやつでした。
さすがにこのままじゃイカンと思ったのが高2の春
自身の勉強スタイルに2つの革命を起そうと誓ったのでした。

1つ目、授業を真面目に聞く。
(高1の僕はこんなことすらマトモにできていなかったのです笑)
2つ目、諸小テストで満点を取る。
(例えば、週一回の単語テスト。ここでは必ず満点を取るようにしていました。)

効果は覿面、高3になってからは驚くほどスムーズに勉強ができました。
僕はこれで受験生になるための地盤を作りました。




…と、非常に雑に概観するとこんな高校生活でした。

他の担任助手に比べてあんまり面白くないですね。笑

しかし、僕自身は高校生活を目いっぱい楽しみましたし、この高校生活は世界中で僕だけしか経験していないものです。
今高校生の皆さんは是非、高校生活を精一杯楽しんでかけがえのないものにしてくださいね!

明日のブログは松本担任助手です。
明日も
Don’t miss it!!!!