泊駿太郎です。 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 5月 13日 泊駿太郎です。

 

 

おはようございます!

 

こんにちは!

 

こんばんは!

 

担任助手の泊駿太郎です。

 

さて、今日はまず……

自己紹介をさせてください!

(この前の自己紹介ブログでもしましたが改めて)

 

僕は早稲田大学文学部に通っている1年生です。 

通っていた高校は調布北高校でした。

高校時代は軽音楽部で、ギター&ボーカルをやっていました。

そして大学でもバンドを続ける予定で、

なんと、

4月に入学してから早速バンドを組みました(笑)

ちなみにこの2つのバンドではベースを担当しています。

THE BEATLESというバンドとTHE BLUE HEARTSというバンドのコピーバンドです。

 

とまあ自己紹介はこのへんで。

 ここからは僕が今大学で学んでいることについて少し紹介したいと思います。

 

僕が通っている早稲田大学文学部は、

2年次から専攻が分かれるシステムになっていて、

僕は今西洋史コースに進むために日々勉強しています。

  「日々勉強」って言ってもどんなことしてるのか分かんないよって人が多いと思いますので、

 僕が今受けている講義の一部を紹介したいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

内陸アジア歴史紀元前から現在に至るまで延々と辿る講義

や、

カエサルのガリア戦記を読みながら当時のガリア(現在のフランスあたり)の様子を考えてみる講義

や、

源氏物語という文学作品の中から当時の東アジア情勢を紐解いていく講義

など、

いかにも、って感じの講義が多いです(笑)

 

そしてこのようなTHE・文学部な講義を受けていて僕が感じたことは、

やっぱり大学の授業って面白い

ということ。

それから、

受験勉強で学んでいることは必ず大学で活かすことができる

 ということです。

たとえば、

内陸アジア史の先生は高校世界史の知識を当たり前のように話しますし、

受験勉強で得た知識がなければガリア戦記の英訳源氏物語を読むこともできません。

大学の授業を受けてこんなことに気づいた僕は、

やっぱり受験勉強って無駄じゃなかったんだなぁ~

と、少し感動してしまいました(笑)

 

さて、 

皆さんの中には、今、自分が何のために勉強しているか分からない人も少なからずいると思います。

 

そんな人たちはぜひ日頃から大学での勉強を視野に入れて受験勉強に臨んでみてください。

 

そうすれば受験勉強だってきっと楽しくなるはずです。

 

僕たち担任助手と一緒に楽しく受験を突破して行きましょう!

 

明日のブログは松本担任助手(通称さん)です!

明日も

Don’t miss it!!