私が密かにしていた息抜き~河端の場合~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 9月 15日 私が密かにしていた息抜き~河端の場合~

こんにちは

最近気温の変わり目などで体の皮膚が反応してきている河端です(泣)

どういう状態かというと、1つ例を上げるとすれば

上唇の上が常に乾燥してカサカサかゆい状態です(あんまりいい例ではないですね笑)

 

そして先日僕も某友人と魚を釣りに行きました。

 

(注意)この魚は生きてます

 

昨日の川添担任助手の紹介にもあったとおり「IKEMEN」と書いたTシャツを着ております笑

着ているTシャツのセンスが気になる方が9割以上いると思いますが

気にせずいきましょう笑

(ちなみに2時間やって1匹しか釣れませんでした)

 

さてさて今日は僕のやっていた息抜きについてお話しいたしましょう。

といっても僕自身すごくストイックな性格なので受験生時代

息抜きと断定できるものが無かったのですよ笑(←これほんとです)

べつに勉強が終わって家に帰って運動をするとかやってません(;´∀`)

 

今思い返すともしかしたら自分の知らないところで息抜きになっていたかも・・・という習慣がありました

それは

“毎週日曜日に書店で参考書探し”!!!

 

そうですよね、勉強の息抜きなのに勉強の話やめろよって思いますよね。

しかしこれには僕なりの理由が有ります。

1つ目としてはどこかに出かけたような感覚になること。

受験生たるものこの勝負の期間に

遊びにでかけるなどという時間の惜しいことをできるはずが有りません。

(渋○とか○宿などに友達とキャピキャピ出かけるなど僕にとっては言語道断です笑)

 

ただ本屋というのは普段毎日通い詰めてる予備校とも違い、

ましてや 学校や最寄り駅ともちがって毎日は入らない場所ですし

主観的ですが、行く度行く度本が違う並べ方をされてたりとか

新しい本が入ってたりと視覚的にも出かけに来てるような気分を味わえて

僕は参考書選びが非常に楽しかったです。

(ちなみに僕は予備校から歩いて1分の某有名デパートの5階の本屋に行ってました。

デパートというところが魅力ですね(^_-)-☆)

 

2つ目が実質的な勉強時間にはなっていないが

今後の受験勉強のパートナーを探しているという高揚感が味わえる事

 

↑↑↑なんだかクサい言葉でカッコつけてまとめちゃってすみません笑

もちろん東進のコンテンツである

高速基礎マスター講座は僕は毎日やっていましたが

他にも補えるものはないかと受験生の時に毎日考え通す日々を送っていました。

そこで参考書を見つけようと思ってもそんなに簡単に見つかるものではなかったんですよ!!

無駄にいっぱい買ったところで自分に合っていなかったらそれはただの廃棄物になりますし、時間の無駄です。

 

ですが

なんというか、、、

勉強する時間を削って探し当てた参考書は宝物同然です!!

なんというか勉強で気を貼っている状態じゃないところで

自然に自分に必要な学習素材に触れられるのは

僕だけかもしれませんけどこの習慣がやめられませんでした!

(特にレジにもっていってお金を出すときとかテンションMAXです笑)

 

あとは本屋に行くのにいつもと違う道を通れるとかいろいろ要素はあったと思いますが、

僕はそんな感じで息抜き(?)っぽいものをしてました!

 

よかったらみなさんも試してみてください!

 

明日はもう大学が始まって忙しそうな

峪担任助手がお送りいたします!

*最後までご覧いただきありがとうございました!*

 

Don`t miss it !!

 

 

↓“自分を変えたい!”そう思ったアナタへ!↓