考え方次第!! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 4月 22日 考え方次第!!

 

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!
担任助手の竹内です!

 

なんだか最近お天気に恵まれませんね…。
雨が降ったり、降っていなくてもジメジメジトジト…
梅雨ですかね?
そんなことはないと自分に突っ込みを入れつつ
お別れと致しましょう。

 

  

嘘です。
ごめんなさい!
ちょっととぼけてみたいお年頃で…笑

 
 はい、そんな
(どんな…?)
竹内ですが最近ふと思ったことがあります。

 

 大学の授業って面白いな…。
ということです。
(いきなりですね…笑)

 

少々私の話をさせて頂きます…。
明治大学情報コミュニケーション学部
に通っている竹内は学部の特性上、様々な学問に手を付けることが出来ます。
2年生であるこの1年間は、法学や理系の内容をほんのちょびっとかじった生命論などといった、自分の興味とは離れた分野の科目を履修しています。

 

高校はもともとカリキュラムが組まれていますよね。
大学は諸々の条件があるとはいえ、基本的には数ある授業の中から
自分が受けたいと思うもの、身に着けたい学問分野の授業を選択して受けることが出来ます。
人によっては自分が「やりたい!学びたい!」と思う授業だけで1週間を過ごせる人がいるかもしれないですね…。

 

そんな自由な中でなぜ私が自分の興味とは異なった科目をたっぷりとっているかというと

 将来を考えたうえで様々な分野に触れ、知識を増やしたかったから。
そして私の中で揺らがない将来の目標に最終的にどうやって近づくか、様々な角度からアプローチをかけてみたかったからなんです。

 

 

みなさんは
一つのことにとらわれていては、正解は見えてこない
このような言葉を聞いたことはありませんか?
まさにそれを痛感していた春休みを過ごしました。
だからこそ、これっぽっちも興味がないことにも触れてみようと、これまでで最も気合を入れて履修申込を実行しました。

 

そして実際に受けてみて…
やっぱり難しい、ややこしい、回りくどい
ちっとも興味ない(しつこいですね…)話が延々と出てきました。
もしかして教授は意地悪をしているんじゃないかと思うくらい長いこと長いこと…。

 

 

でも
楽しい
と思いました。
すっごく楽しかったんです。

 

なぜでしょう??
法やら生命やらが好きになっちゃったのかな?
そんなことはありません。
六法全書を前にあくびが出てしまうし、生き物図鑑なんて竹内家にはありません。

 

その答えは
それを勉強する意味がこれまで以上に自分の中ではっきりと存在していたからだったんです。

 

 

学んでいて楽しいこと、興味があることを深めることが将来のためになると考えていた1年生の私でしたが、それでもこれでいいのかな…と思わずにいられない時もありました。
が、しかし今は違います。

 

どんな授業を受けるにせよ、どんな課題に手を付けるにせよ
その意味が自分の中でしっかりしているから、早く授業を受けたいと思えます。知識が増えていくことが単純に楽しいと思えます。

 

そこで思ったことがもう一つ。
興味ってもともと持ってるものが100%じゃないんだなぁということ。
興味がなかったことでも、やってみて初めて面白いと感じるものがある。気の持ちよう、自分の考えようでいくらでも関心を持つことができる。
やる意味さえ見つけられればどんなことでも自分から「よし、やるか!」と思えるんです。

 

これからみなさんにはやらなくてはいけないこと
避けては通れないことがたくさん出てきます。

でもそれらは、昨日の伊与久担任助手のブログにもあったように「やらせていただけるもの」です。
なかなかそうは思えないこと、もちろんありますよね。
そんなときは、どうせやるんだから「前向きに」やりましょう。 

安藤担任助手のブログにもあったように
物事に取り組む意味を考えられるか、考えられないかですごく差が付きます。

4月ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
やること一つ一つに意味を見出し自分の力に出来る人に、一生懸命になれる人に
一緒になりましょう!!

 

本日のブログはこの二人に刺激されたものです!
お時間ありましたら、ぜひ読んでみてください!
安藤担任助手のブログ
▼▼▼コチラから▼▼▼

伊与久担任助手のブログ
▼▼▼コチラから▼▼▼ 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
明日は新学年1回目のあの!ことについてお話させていただきます!
それでは、明日のブログも…

Don’t miss it!!