英語といえばあの講師! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 9月 13日 英語といえばあの講師!

調布校ブログをご覧のみなさん!

こんにちは!

 

担当は、4泊5日で徳島県に農業ボランティアに行ってきた林 佳絵です!

(大学の企画で行ってきました。楽しかった…)

(イチゴの苗植えをしてきました!)

 

私は、徳島県 阿南市 加茂谷というところにお邪魔しました!

いや~ここ、とってもすごいのです。

なにがすごいかって?

ぼんっ

(渡辺先生風に)

 

なーーーんにもありません!

(コンビニ、スーパーなどの店という店が全くありません)

加茂谷には信号が1つしかないそうです笑

 

そしてもう1つ

ぼんっ

(渡辺先生風に)

 

不気味なが神社ありました…笑

 

引率の先生含め16人で頑張りました。

地元の人の温かさと、私たちが普段何気なく食べている農産物が、手がかかってできていることを体で学びました。

(田舎の人って優しい人が多いですね)

機会があればぜひまた加茂谷に伺いたいですね!

(詳しく話すと長くなりそうなので、この辺にしておきますね)

 

雑談はさておき、

今回のテーマは「私がお世話になっていた東進の講師」ですね。

 

私が紹介したい方は渡辺 勝彦先生です!

(川添担任助手のブログでも紹介していましたね)

実は私、お世話になった講師が少なかったのでダブってしまいました。ごめんなさい。

 

私は英語がとても苦手だったので、

(授業を受ける前までは、感覚で解いていました)

しかし、渡辺先生の文法の授業を受けて、土台をしっかり固めることができました。

 

実は私中学校3年生の時に通っていた塾で、渡辺先生の生授業を受けられる機会があり、分詞構文を教えてもらった時に、

こんなに分かりやすくて面白い授業があるのか!と、とても感動した経験があり、

受ける前からワクワクしていました。

 

20コマ全て、ちゃんと期待を裏切らない授業でした。

基礎の基礎からしっかり教えてくれるので、わからなくてつまずくこともなかったし、

雑談が声を出して笑ってしまいそうなほど面白く、あっという間に終わってしまいます。

(授業中に雑談が来ると分かった瞬間に受講スペースでニヤニヤしていました…笑)

 

思い返せば、小学校1年生から学生を始め様々な先生の授業を受けてきましたが、

やっぱり面白い先生のほうが好きになるし、授業をちゃんと聞こうって思いますよね。

渡辺先生は私にとってそんな存在でした。

 

生徒ファイルにも書いてありましたが、最後の1コマを受けるときとても寂しかったです。

 

そして、やる気と自信を与えてくれるような名言を言ったりしてくれるので、モチベーションも上がります!

 

私がお世話になった講師でした!

 

明日のブログは平井担任助手です!!

お楽しみに!!

 

Don’t miss it!!!!