調布校受験生応援ブログリレー ~加藤~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 1月 27日 調布校受験生応援ブログリレー ~加藤~

 

調布校ブログをご覧のみなさん、こんにちは!

受験生応援ブログリレー第21走者の加藤です。

 

自分からは、受験を通して学べることの話をしようかなと思います。

受験は通過点

今まで、他の担任助手がこれからの勉強法であったりメンタル面の話をしてくれてると思うので自分はちょっと視点を変えて受験で学べることのお話しをします。

 

受験生のみなさんは少なくとも1年間は勉強に打ち込んできたと思います。今年はコロナの影響もあって修学旅行や文化祭等の楽しい行事ができなかったのではないでしょうか?そんな例年とは違う、1年間何のために勉強してきたのでしょうか?

 

志望校に行きたいから・・・

将来の夢のために学ぶ・・・

何となくいい大学に・・・・

とかそれぞれ理由があると思います。

 

ですが忘れないでほしいことはあくまで受験はゴールではなく通過点です。

 

正直、第一志望校を諦めてかけている子

逆に共通テストで思いの外できて、浮き足立っている子

いると思います。(もちろん、ちゃんと努力している子もいるのはわかっています笑)

 

そんな子は、ここで諦めたり、滑り止めの大学で満足し最後まで、努力できなかった場合、将来同じような状況に立った際には同じ行動をとってしまうと思います。

 

自分自身も、受験生の際(4年も前ですが)にセンター試験が予想外に上手くいって、それからの日々は何となく自分の中で妥協していたように思います。(案の定、結果は第1志望校には合格できませんでした。)

まとめ

何が言いたいかというと受験はこれからの自分の人生を表しているのではないか?ということです。

今辛い・逃げ出したい・早く遊びたいという気持ちは誰しも持っていると思います。

その誘惑に負けずに努力できる人は将来同じような状況にあったときに同様の行動が取れると思いますし、逆もまた然りです。

 

受験を通して学べることは、①最後まで諦めないことの大切さ②目標に向けて努力することの大切さかなと思います。

 

これまで遊びたい・寝たいという気持ちを抑えて重ねてきた努力も今ここで気を緩めば何の意味も無くなってしまいます。

ありきたりな言葉ですが、『最後まで諦めなかった人が夢を叶えることができる』と思います。

調布校のスタッフは皆さんの味方ですので辛い時はいつでも頼ってください!

 

『あとはやりきるのみ』頑張り切りましょう!!

 

 

明日の担当は、高橋担任助手です!!