調布校受験生応援ブログリレー ~片山~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 1月 10日 調布校受験生応援ブログリレー ~片山~

 

こんにちは!調布校の片山です!

今日で受験生応援ブログリレーも第四走者目になりました。
既に大森担任助手、遠藤担任助手、川添担任助手の応援ブログが公開されているので、ぜひそちらの方も見ていってくださいね!

一点を粘れ!

試験本番、諦めたらそこで試合終了です!!

どうしても解法が思いつかない理数科目、ど忘れしてしまった単語など、試験中問題を解いていて壁にぶち当たることもあると思います。

でも決して最後の一秒まで諦めないでください!

意外なところから糸口が見つかることもあります。「試験終了」と言われるまで、頭をフルで使って、問題を考え続けましょう!

もしも、一通り解き終わったなら、見直しましょう!一回見直したなら、さらにもう一回見直しましょう!計算ミスや誤字で失点してしまうのは、本当にもったいないです。

最後はその一点で合否が決まります。力を出し切ってきてください!!

どうしても緊張するとき

やっぱり緊張することはあると思います。かくいう私も、試験本番はどこの大学でもとても緊張しました。第一志望校ならなおさらです。何が言いたいかというと、緊張しているのは一人だけではないということです。頑張った分だけプレッシャーになっているのだと考えましょう。

試験本番緊張しがちな人は、ぜひ次のことをやってみてください。

「試験始め」と言われたら、まず解答用紙に受験番号と名前を書きましょう。次に問題冊子を開いて、大きく(静かに)深呼吸をしてください。そして、パラパラと全体を見通して、どんな問題が出ているのかをざっと見通しましょう。ここまでを丁寧にやるだけで、「緊張してテンパりすぎて問題が解けない」ということはだいぶ軽減されるはずです。問題を見通すのに加えて、試験時間を踏まえて、大問ごとの所要時間と解く順番まで考えることができると、とてもいいです。

それでもまだ緊張してしまうという人は、本番前に温かいお茶を飲んだり、「才」を机の上に5回書いて(5書く=合格)などのよくあるおまじないをしてみてもいいと思います。試験本番までまだ少し時間があるので、自分なりの緊張をほぐす方法を見つけてみてくださいね。

最後に

この一年は特に予測できないことが多かった中、皆さん本当によく頑張ってきました!

皆さんが頑張ってきた分は、きちんと皆さんの中にあります。絶対にそれを忘れないでください!

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉のように、自分の力でやれることを全てやることができたら、自ずとそれ相応の結果がついてきます。

最後の1秒まで、決して諦めることのないよう、自分を信じて頑張れ!!!100%完全燃焼してきてください!
心から応援しています!!!

次の走者は、丹羽担任助手です!お楽しみに!