調布校受験生応援ブログリレー ~矢野~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 1月 26日 調布校受験生応援ブログリレー ~矢野~

 

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!

受験生応援ブログリレー第20走者の矢野です。

ひとまず、先週は共通テスト本番お疲れ様でした。

結果はどうでしたか?

初めての試験で緊張してしまい自分の実力を出せなかった人、逆に思った以上にできた人、思っていた通りだった人、様々あると思います。

そんな共通テストが終わり、次は2次・私大の個別試験ですね。

今の時期

「個別試験で自分の進路が完全に決まってしまうので、そわそわして勉強が手に付かない」「共通テストが終わり急に緊張の糸が切れた」という人も多いのではないでしょうか。

(自分がそうでした)

しかし、言うまでもなく今から個別試験が始まるまでの過ごし方とても大事です。

「具体的にどう過ごせば良いのか」については他の担任助手が応援ブログで書いてくれているので、自分からは残りの期間どのような心の持ちようで過ごせばいいのかについて書きたいと思います。

残り期間の心の持ちよう

残りの期間、皆さんには「自分との戦いにのめり込む」という心持ちで過ごして欲しいなと思います。

今、受験生の皆さんは大きな不安・プレッシャーを抱えていると思います。

大きいところで言えば、「2次・私大の個別試験が上手くいくかなあ」という不安。

他にも、親・担任助手からの期待や友達の目など、不安・プレッシャーだらけだと思います。

自分も受験生の頃、これらの不安が常に頭のどこかにこびりついている感覚がありました。

正直、これらの不安・プレッシャーを消すことは出来ないと思いますし、こういう感覚になるのは本気でやっている証拠なのでむしろ良いものだとも思います。

ただ、そのせいで勉強が手に付かなくなるのは、勿体無いです。

そこで「自分との戦いにのめり込む」という心持ちを持って残りの期間をより良いものにして欲しいなと思います。

「自分との戦いにのめり込む」というのは詳しく言うと「勝負する相手を昨日の自分にして、今に集中する」ということです。

まず、「勝負する相手を昨日の自分にする」について

競争する相手を周りの受験生・友達ではなく、昨日の自分にしましょう。

以下、自分の体験談なのですが、

自分はセンター試験本番で失敗をしました。それに対して、自分と一緒に東進に通っていた友達は真逆の結果でした。

当時、このことでかなり落ち込んだ記憶があります。

今思い返すと、普通こんなことで落ち込む?となりますが、受験期はそれだけ気を張り詰めていたんだと思います。

そして、受験期真っ只中の皆さんも、思った以上にストレスに敏感になっているはずです。

そんな中、周りの受験生(特に自分のライバル)と比較してしまうとしんどくなります。

又、直接関わりがなくとも「自分の第一志望校を受験する人はどのくらい出来ているんだろうか」と気になることもあると思います。

ただ、これに関しては悩んでも解決しないので、余計しんどさが大きくなってしまいます。

なので、これからの時期はとにかく「自分との勝負」に持ち込んで余計なことは考えないようにしましょう。

意識だけでは難しいので、余計な情報をシャットアウトするような環境を作ってみて下さい。

次に「今に集中する」について

これは他の担任助手の皆さんがブログで書いてくれていることです。(主に小林一平担任助手)

過去は変えられないし、未来のことを思ってもどうしようもないので、とにかく「今に集中」しましょう。

実際、「今に集中すること」はかなり難しいですが、心持ちだけでも持ってみてください。

不安・プレッシャーを感じたら「今に集中する」と心の中で数回唱えれば、少しだけ楽になると思います。

最後に

これから個別試験が近づくにつれて不安・プレッシャーは日に日に大きくなると思います。

そんな時期だからこそ、自分との戦いにのめり込んだもん勝ちです。

これからの貴重な時間を不安・プレッシャーに押し殺されず、自分のために使ってください。

担任助手全員が応援しています。ラストスパート頑張りましょう。

明日の担当は加藤さんです。明日以降4年生・社員さんのブログが続くので、ぜひ楽しみにしていてください!