10月第2週 週間HR(受験生向け) | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 10月 11日 10月第2週 週間HR(受験生向け)

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日は担任助手1年の鷲尾が担当します。

今回のブログでは、受験生向けの週間HRの内容についてお話していきたいと思います!

今週のHRでは「出願校決定のポイント」、そしていよいよ始まった「担任助手仮登録」の2つのテーマについてお話ししていきました。

テーマ①

「出願校決定のポイント」

皆さんは、こんなことをご存じでしょうか?

「私大受験では受験校は(1)連続する(2)重なる」

私大入試は2月中旬までに集中します。なので同日程に複数大学で受験があり、被ってしまったり。受けたい大学の受験が連続の日程になったりすることはよくあります。

だから全て好きな大学・学部を受験するというわけにはいきません。

また第一志望校合格を目指すためには「合格するための」受験計画が必要です。

高校生は誰もが最初の大学受験、その中で最も自信につながるものは何だと思いますか?

答えは「合格」です。だから・・・

2月の初旬に安全校を受験して合格を確保し、
山を登るように試験慣れと合格による自信を積み上げて
受験を通して力をつけていくことが大切です。

あとはポイントとして2つ。

「強みを活かせる大学に出願する」

具体的には、①得意科目を活かせる科目配点か②得意とする出題形式か。これらの点に注目してみましょう!

「合格発表を意識して計画を立てる」

①合格発表日と手続き日を想定する・合格発表の流れをイメージして計画を立てる②手続き日が合格発表日より後になるようにする。

手続日が発表日よりも後に来るようにすると合格を見てから納入の判断ができる。しかし手続後辞退では入学金返還がない場合が多く30万円程度費用がかかる。という理由があります。

これらの点にも着目して志望校を決めていきましょう!
その際、学力POSにある「合格サポートシステム」を使うと便利です!是非活用してください!

テーマ②

「担任助手仮登録」

今年も担任助手仮登録の季節がやってきました!

担任助手仮登録とは、来年担任助手を志す生徒がその意思表示をする場であり、その際に「担任助手志望理由書」を提出してもらうことになっています。

去年実際に私も記入したのですが、ただ志望理由を書いて提出する・・・だけではなく!改めてここでこれまでの自分の受験生活を見直すきっかけにもなり、これからのモチベーションにもつながるはずです!

迷っている人はひとまず書いてみることをお勧めします!また用紙が欲しい人は、気軽に近くの社員さんや担任助手に声をかけてください!

10月のブログでは今いる担任助手が、やろうと思ったきっかけやっていてよかったことなどをリレー形式で掲載しています!そちらも是非覗いてみてください!

 

 

本日のブログは以上となります!最後まで読んでいただきありがとうございました。

共通テストまで100日を切りました!最後まで共に走り抜けましょう!

次回の更新もお楽しみに!