習慣化って大事。 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 8月 23日 習慣化って大事。

こんにちはー。

外国人にRyoji! ではなく、どうしてもRyuji! と呼ばれてしまい、

若干傷心中の峪でございます。

 

さて、そんなことはさておき、

僕は先日、母校の高校を訪ねて先生と少しお話をしたんですね。

 

まあ、そんなこともさておき、

ここで紹介したいことは、夏休み中にも

関わらず、学校に来て机に向かい、

一生懸命、勉強をしている生徒がいたんですね。

僕の高校には。

 

べつに受験勉強なんて

やろうと思えば、家でも、図書館でも、高校でも、

それこそ近くのハンバーガーショップでもできるわけじゃないですか。

そこをあえて暑い中ラッシュにも耐え、

朝早くから高校にきてただ勉強しているんですよ。

 

傍からみると、

高校に行くための移動時間を勉強に充てた方が効率的だとか、

友達と時間をつぶしてしまう心配のない図書館の方がいいんじゃないかとか、

いろいろ文句のつけようがあると思います。

 

でも僕からみると、

彼らがそれでも学校にくるのは、

冷房が効いていて涼しいからとか、

先生に質問しやすいからとか、

ましてや友達と話すのが楽しいからとか、

ではなく、

毎日登校することが習慣だから

であって十分来る理由はあると思います。

 

学校に来て勉強する。

誰もが繰り返してきたこの習慣を

受験生の夏休みでも変わらずに繰り返す、

いえ、

受験生の夏休みだからこそ変わらずに繰り返す

というわけです。

 

習慣の中で繰り返される勉強というのは

きっとつらくないし

こころが折れるということもないでしょう。

僕もほとんどありませんでした。(全くではないですけどね…)

 

似たようなことは日々の勉強だけでなく、

本番でも同様だと思います。

練習は本番のように

本番は練習のように

とはうまい言い方ですが、実際その通りですよねぇ。

日々の流れの中で淡々と本番をこなす。

簡単なようでいて、とても難しいことですが

これができた時、本番でも慌てずにつらくならずに、

平常心を保つことができるのだと思います。

習慣の中で本番をこなせたら、きっと強いですね。

(僕にはできませんでしたが…)

 

僕は今日、受験生の皆さんとお話をしていて、

とても浮き足立っているなぁ

と感じたのでこのようなことを書きました。

本番だと思って気合いを入れるのもいいですが、

ここはひとつ、

平常心を意識してみるというのもいいとは思いませんか。

 

明日は

大学に入ってもバレーで活躍している佐竹担任助手が送ります。

DON’T MISS IT!

(あ、あと僕は学校ではなく東進に通っていました。

続けられればどこでもアリですよね!)

 

どんな継続も初めの一歩から!

まずは、試しに東進の授業を受けてみてはどうですか

↓↓↓