受験生応援ブログリレー ~浅井~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2021年 12月 28日 受験生応援ブログリレー ~浅井~

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!!

調布校担任助手1年の浅井大登です!

年越しが迫ってきて、より一層寒い日が続いていますね。外に出る際には必ず防寒対策をしっかりして、体調を崩さないように気をつけましょう。

さて、本日は受験生応援ブログリレーということですが、僕より先に12名の担任助手の方々が、受験生へ向けてそれぞれの想いを綴っています。是非そちらも読んでみて下さい!

今回のブログでは、受験会場での心得について話していきたいと思います。

是非最後まで読んでください!

本日のテーマ

本日のブログで伝えたいことは1つだけ、上の写真にもある通り、”受験会場では「俺か、俺以外か」と思え”ということです!!

これは実業家として有名なローランドの名言です。

つまり何が言いたいかというと、受験会場において周りなど関係ない、気にするなということです。

皆さんが受験する会場には様々な人がいることでしょう。例えば、鉛筆の音がうるさい人・やたら分厚い参考書を眺めている人・昼休みに仮眠している人、などなど挙げだしたら切りがないのですが、そのような周りの人は気にせず、自分以外の一括りとして考えましょう!

大学入学共通テストでは、全国で約53万人が出願をしています。(実際に受験する人は少し減りますが・・・。)

こんなにも膨大な人が受けるのに、自分の教室内や隣の人にいちいち影響を受けていてはいけません!

また、皆さんは自分が今までしてきた努力を、初めて会う誰かも分からない赤の他人に潰されるようなことを望んでいませんよね?

それならば当日は周りを気にせず、必要なこと・可能なことだけを全力でやり切りましょう!!その先にきっと良い未来が待っています。

ここで1つ注意しておきたいことがあります。共通テストでありがちなのですが、学校の知り合いや塾での友達と受験会場が同じということがあります。もちろん顔見知りがいて安心することもあるとは思うのですが、科目の間の休み時間で終わった科目の話をするのは絶対にやめましょう!!

これはハッキリ言って、何の意味もないです!!結果は変わらないですから!!

「自分の答えが合っていたことを確かめて安心したい」という気持ちからの行動だと思いますが、そんなことは1人で勝手にやってくれという話です。

もしそのように寄ってくる友達がいたら、無視して次の勉強やリラックスする時間にあてましょう。

少し話が逸れた気もしますが、まとめるとこの言葉になると思うので、もう1度載せておきます。

”受験会場では「俺か、俺以外か」と思え”

この言葉を頭の片隅にでも入れて、本番に挑んでくれたら嬉しいです!

最後に

最後は自己肯定感をあげて終わりましょう!以下の通りに従って実践してみて下さい。

受験するという大きな決断・選択をした自分、また今まで努力してきた自分を褒めてやりましょう。(「褒めるのは受かってからで良い」とか固いことは一旦考えずに。)

「今までよくやってきた」と言ってやりましょう。そして、自分を褒めた上で「あと少し頑張ろう!」「やってやる!!」とも言ってください。(必ず口に出して。)

言霊の力は意外とすごいものです。騙されたと思ってやってみてください!

さあ今の皆さんは何でもできることでしょう。可能性は無限大です。

それいけ!受験生

共通テスト本番まであと18日

残された時間で何ができるのかを逆算して、最後まで粘り続けて下さい!応援しています!!

 

明日の担当は山口担任助手です!お楽しみに!!!