調布校受験生応援ブログリレー ~丹羽~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 1月 11日 調布校受験生応援ブログリレー ~丹羽~

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!

受験生応援ブログリレー第5走者の丹羽です。
既に4人の担任助手がバトンを繋いできてくれました!このリレーは1月いっぱい毎日続いていくので息抜きがてら調布校ブログを覗いてみてくれたら嬉しいです。

マイナスな気持ちは溜め込まない!

去年、自分は入試本番期間中にスランプなのではと思うほど問題が解けない・手応えを全く感じないという状況に陥りました。幸か不幸か一年間の受験生活でスランプに陥ったことが無かったので初めての状況にとても焦り怖くなったのを覚えています。(入試問題は解答を公表しない大学が多いので本当に解けていないのかを確認出来なかったのもその原因の1つです…。)
しかし、その不安を誰にも話すことが出来ずに毎日を過ごしていました。友達は同じく入試期間ですし、1番近くに居てくれた両親に対しては「親の期待を裏切ってしまうかもしれない」という気持ちが大きかったためです。

この状況を救ってくれたのは担当担任助手からの電話でした。親とも友達とも違う担任助手との距離感が不安を打ち明けるのに丁度良かったのだと思います。その電話で初めて当時の状況を人に話して気持ちを整理することが出来ました。

皆さんの周りにはこうした不安を打ち明けられる、家族・同級生以外の人が居ますか?

身近な人からの期待は嬉しいものですが、時には負担になり、自分を追い詰める原因になります。(自分は担任助手の人に話した際に号泣し、こんなにストレスに感じていたんだ、、と気が付きました。)期待を背負った中で悩みを話すのは難しいと思うので、その際はぜひ担任の先生・担任助手という存在を活用してください!

最後に信じるものは自分

ここからの話はこのブログの前半部分にも繋がりますが、直前期に感じる不安への対処法についてです。今までの受験生活はもちろん、入試期間中に不安を感じない人はほとんどいないと思います。その時に信じるべきものは参考書でも先生の教えでも両親や友達、支えてくれる人たちの言葉でもありません。

自分自身です。
この1年の自分を振り返ってみてください。どんな日々を過ごしてきましたか?例年通りの学校生活を送ることが出来ない中で志望校合格のために一生懸命努力してきたと思います。自分がどれくらい頑張ってきたかを一番知っているのは自分自身です。自分のことを信じてあげてください。今まで努力した分、結果はついてきます。

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。
自分への信頼の根拠を少しでも増やすために最後まで努力を怠らず、また急激に冷え込んできているので体調管理をしっかりして残り少ない日々を過ごしてください。
まずは今週末の大学入学共通テストでベストが出せるよう、皆さんの健闘を祈っています。

 

次の走者は辻井担任助手です。お見逃しなく!