高速基礎マスターは短期間でやりきるもの! | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 22日 高速基礎マスターは短期間でやりきるもの!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

調布校担任助手1年の紙屋七南です。

 

今回は、低学年の皆さんに向けて、

【⠀7月末マスター4冠に向けて⠀】

というテーマでブログを書いていきたいと思います。

 

是非読んでみて下さい。

 

なぜ7月末までにマスター4冠??

 

低学年の皆さんは、1月の共通テスト同日模試でA判定を取るという大きな目標があります。

 

そこから逆算して考えると、

 

8月の模試英国数の基盤がどれだけ固まっているかが肝心です。

そのために、高速マスター基礎力養成講座(以下マスター)で、

 

単語、熟語、文法、構文の知識を十分につける必要があるのです。

 

高速で学習しよう!

 

高速基礎力マスター養成講座という名前の通り、

 

マスターは、ダラダラと長期間かけて学習するのではなく、

高速で学習し、知識をインプットすることが重要になります。

 

そもそも、長期にわたって学習していると、

 

修了判定テストを受ける頃には、

 

最初の方に学習したステージの内容が抜けてしまっている人が多いと思います。

 

修了判定テストを受験する日を必ず決めて、

 

そこから逆算して1日どれくらいの量をやればいいのかを考えて取り組みましょう!

 

期限を決めて、短期間で根気強く取り組むことがマスター4冠への道のりです。

 

修了判定テストに受からないのは、単純に演習量が足りていないだけです。

 

「マスターをその日の勉強を始める前にやる」など、1日のルーティンに組み込めば、

予定とのズレも少なくなるはずです!!

 

ルーティン化して取り組んでみて下さい。

 

最後に

既にご存知の方もいるかもしれませんが、

マスター4冠達成(単語1800、熟語750、文法750、基本例文300まで完全修得)ができれば、

98%の人が共通テストのリーディングで

5割以上の点数が取れる

というデータがあります。

 

毎日継続してマスターに取り組み、必ず7月末までに4冠達成しましょう!!

(現時点で熟語まで終わっていない人は焦りましょう)

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

次回のブログは、池本担任助手による大学レポートです!

是非ご覧ください。