共通テスト応援ブログリレー~丹羽~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2022年 1月 7日 共通テスト応援ブログリレー~丹羽~

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!
本日の担当は担任助手2年の丹羽です!
大学入学共通テストまで残り8日。
昨日は東京で雪が降り、いよいよこの時期が来たか!という感じがしてきましたね〜(笑)

気温はどんどん下がっていきますが皆さんを応援する気持ちは熱いままです!
全入試日程を終えた時に、皆さんがやり切った!と思えるように私自身の後悔から考えることを今回のブログでお伝えさせて頂こうと思います。
息抜きにでも読んでくれると嬉しいです!

第1志望校に受かったのに後悔?!

私の第1志望校は早稲田大学文化構想学部、今通っている大学は早稲田大学文化構想学部、、。そうです。第1志望校に合格したのに後悔とか言っているんです。良い結果に終わっているのに何言ってるんだと思っている人もいるでしょう。
 
私の後悔。それは、
 
ワンチャンに期待して限界までの努力をしなかったこと
 
です。
もちろん模試での判定が良かったわけではありません。ずっとE判定でした。心のどこかに憧れの大学というイメージに留まって諦めた気持ちがあったんでしょうね。
 
にも関わらず合格をもらったために、
「受かった!!!」という気持ちよりも「受かっちゃった。」という感覚でした。
倍率のことも相まって親から「紛れだね。」と言われても否定することができません。
 
そして、同じ志望だった友達がダメだったことを知った時、更に後悔の念に駆られることになりました。
その友達は夏に体調が悪い時でも勉強の手を抜かずに頑張り続けていたと聞いていたからです。私から見てもその子はすごい努力していたし、きっと合格するんだろうなぁと思っていました。
 
それなのに受かったのは自分だけ。私が受かっていいの?という気持ちになりました。
 
自分だって全く勉強・努力しなかったわけではありません。成績も伸びました。でも、もっと努力している人を知っていたから自分の合格を誇ることが出来なかったのです。
 
この後悔を皆さんにはして欲しくない。そう思って担任助手になりました。このブログを読んでくれた人の心に届くと嬉しいです。

限界までやってみな!!!

少しでも余力を残すことは受験生活終了後の後悔の種を蒔くことになりますよ!限界って意外と来ないんですよ。(笑)今から更にギアをあげていきましょう!!!
(この限界は勉強時間に関してですよ!ご飯を抜く、睡眠時間を必要以上に削るということは含んでないので健康には注意してくださいね。)
大学入学共通テストまでは約1週間、私大入試スタートまでは約半月。残された時間は少ないです。ラストスパート、限界に挑戦してみませんか?
 
1番の努力家になって、胸張って進学しましょう!!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日の担当は、佐々木担任助手です!お楽しみに!!