2022年 12月 14日 担任助手による○○大学レポートvol.16 電気通信大学編 | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 14日 2022年 12月 14日 担任助手による○○大学レポートvol.16 電気通信大学編

どうも皆さんこんにちは

電気通信大学情報理工学域Ⅲ類

に進学しております、稲津雄介です。

今回は担任助手の大学紹介、

そのトリを務めさせていただくので

気合をいれて電気通信大学の魅力について

語っていきたいと思います。

文系の生徒、私立理系志望の生徒も

全員電気通信大学にいきたくなるような

記事になっておりますのでどうか

最後までご覧ください!

目次

①学域とは、カリキュラムについて

②電気通信大学の魅力

③皆さんが抱えているであろう誤解

④最後に

学域とは

まず皆さんこう思ったことでしょう。

情報理工学域Ⅲ類って長いし何してるのかよくわからない。

まず紹介しなければいけない電気通信大学の特徴として

学部といったものが存在しません。

学域は学部よりさらに広いくくりでの

教育、研究の組織の一つだと思ってください。

学部が~類というものという認識でいてください。

またその学域も

情報理工学域」ただ一つしか存在しません。

類もさらにⅠ~Ⅲしかありません。

そしてその類の中にそれぞれ約5種類の

プログラムというものが存在します。

このプログラムが学科だと思ってください。

電気通信大学に今後入学した生徒は

Ⅰ類(情報系)Ⅱ類(融合系)Ⅲ類(理工系)

の中から一年前期から配属されてその1年半後に

進学したいプログラムを選んで配属されることになります。

電気通信大学の特徴として

最初は大まかにやりたいことを選んで

その1年半後に本当にやりたいことを選べる

という、時間があるのが魅力だと思います!

僕もしたいことがまだ見つかっていないので

あと半年で大学の専門的な授業を学んでから

しっかりプログラムを選んでいきたいと思います!

電気通信大学の魅力

大きく分けて三つあります。

①調布駅にキャンパスがあるため、

東進調布校に通える生徒なら大学に通いやすい。

②生徒の意識が高いので本気で大学の授業を学べる。

③履修登録が最高に楽。

④就職に強い

電気通信大学は調布駅から歩いて7分ほどの位置にあります。

調布周辺の高校に通っている生徒なら

自転車通学も全然ありです。(僕も自転車で6分ほどで通学してます。

これはほかの大学にはない最高の魅力です。

僕がこの大学を志望した一番の理由でもあります。

(近すぎるあまり余裕すぎて授業に遅刻することも…)

②僕の友達やクラスの人たちは

みんな勉強に対する意識がとても高く、

並大抵の勉強量では全くついていけないです。

授業の内容も難しいし、テストの平均点も高いので

勉強しなければ簡単に単位を落とすことになります。

(単位は基本的に相対評価なのでみんなが

頑張ることで、必然に自分もその分頑張らないと

単位取得ラインに届かなくなります…)

その分本気で学びたい生徒にとっては最高の環境です。

互いに高めあい、2年になってる頃には理系学生として

高いレベルに自然となっています。

③履修登録の楽さに関しては入学してみないと

本当にわからない情報だと思います。

多くの大学生は履修登録にとても苦しみます。

そんなところ電気通信大学は苦しむことを知りません。

なぜならば授業のほとんどが必修だからです。

基本的に大学生は必修の授業と、選択できる授業を

組み合わせて自分の必要分の単位を取得しますが

この大学なら最初から必要な分は大学側が指定してきているので

考えることがないです。

すべての学生がほとんど同じ授業を履修するので

時間割なんてものも学校側から配られます。

(その分、授業選択の自由度はあんまりないし

日々受けなければならない授業もめちゃめちゃ多いです…)

④最後に就職にとても強い点がとても魅力的です。

電気通信大学は理工系の専門的で実践的な知識を

徹底して学習できるので

大手企業からの信頼もとても厚いです。

これがこれだけの就職率を生み出している秘訣です。

皆さんが抱えているであろう誤解

皆さんこう思ってると思います。

電通って女子が少なくて男子も根暗なやつが多いんでしょ?

確かに否定はできません。女子は全学生の1割です。

しかし男子に関しては幅広い学生がいて

みなさんの想像している学生ばかりではないということ

これだけは理解してほしいです。

最後に

ここまで電通のいいところだけを説明してきました。

しかし、情報理工学域しかない性質上

情報系に将来進みたくない人には向いておりません。

もし情報系に進んでみたい、興味がある

という生徒は一度電気通信大学について調べてみてください。

電気通信大学に少しでも興味を持った生徒は

僕がさらに魅力を語るので声をかけてください。

これで今回の大学紹介レポートを終わりたいと思います。

長い文章でしたが最後までご覧いただきありがとうございます。

 

以上稲津雄介でした。

次回のブログは12/17

福嶋担任助手です!

お楽しみに