第3回 大学紹介HR ~早稲田大学編 山崎ver.~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 5月 27日 第3回 大学紹介HR ~早稲田大学編 山崎ver.~

皆さんこんにちは!担任助手2年の山崎です!

本日は前回の金児さんに引き続き、僕が通う早稲田大学について紹介させていただこうと思います!早稲田大学に少しでも興味のある方、ぜひ読んでもらえると嬉しいです!それではいきましょう!

早稲田の大特徴×2!

早稲田大学について、皆さんはどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。日本には700以上の大学があり、それぞれ特徴があると思いますが、私が考える特徴を2つご紹介します!

 

多様性!(diversity!)

早稲田大学には日本で2番目に多い、5万2千人の学生・生徒(全学)がいます。中学高校では多くても千人くらいの規模だと思いますが、早稲田大学に入ると、コミュニティの数・広さに驚かされます。

日本人学生だけではなく、留学生の数も多いのが早稲田の特徴です。

海外から日本に留学してきている学生は約6,000人。中国や韓国、アジア諸国から欧米、エジプトからきている学生もいます。僕の友だちにも、アメリカに留学し、大学を卒業後日本に来て1年日本語を勉強して、今は早稲田の文学部に通っている中国人がいます(笑)

逆に、早稲田から海外に留学する学生も毎年5,000人近くいます(今年は大幅に減りそうです…)。

補助金などのシステムが整っていて周りにも留学経験者がたくさんいるので、留学しやすい環境がそろっているのかなと思います。

 

何でもできる!

前述した留学もそうですが、本当に何でもできる、というのが僕が考えるもう1つの大きな特徴です。

まず大きいのはサークル活動です。サークルの数はもはや誰も把握できていません。1000は超えていると思います(大学が公認しているサークルは約550)。何十年も続いているようなサークルもあれば、毎年存続の危機を迎えるようなサークルまで幅広くあります。

スポーツ系はもちろん、音楽系などの文化系や、何をしているかさっぱり(?)なサークルまで信じられないくらいたくさんあります。きっとあなたのやりたいことも見つかるはず!

 

イベントも多くあり、中でも早慶戦(野球)、早稲田祭、100キロハイクは三大イベントに数えられます。100キロハイクは埼玉県本庄から早稲田までの100キロをみんなで歩くという最高に早稲田っぽいいい意味でバカなイベントです(今年は延期です..)。

いろんなことができるのも、周りにいろいろな人がいて刺激を多く受けるからなのかなと思います!

各キャンパスの紹介

少しだけキャンパスの紹介も!今年はオープンキャンパスが行われるかわかりませんが、気になったら調べてみてください!

①早稲田キャンパス

②戸山キャンパス

③西早稲田キャンパス

④所沢キャンパス

以上が主要なキャンパスです。僕は戸山キャンパスに通っていますが、すべての棟がつながっているような作りになっていて、雨の日でもキャンパス移動は傘いらずなのが個人的に気に入っています

おわりに

まだまだ書きたいことがたくさんあるのですが、長くなってしまうのでこの辺にして、もし何か聞きたいことなどあれば何でも聞いてください!

受験生の皆さんは、自分が志望校に通っているところを想像したりして少しでも自分でモチベーションを上げていきましょう!次回は藤井担任助手東京理科大学について紹介してくれます!お楽しみに!!