新規担任助手紹介⑬山口 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 5月 11日 新規担任助手紹介⑬山口

みなさんこんにちは!本日は13回目、最後の新規担任助手紹介になります。

初めまして!春から新しく担任助手になりました、

山口 真央(やまぐち まお)です。

よろしくお願いします!

今回は私の東進での受験期についても少し書いているので、ぜひ最後まで読んでください!

 

自己紹介

高校は都立調布南高校に通っていました。

大学は学習院大学国際社会科学部に通っています。

将来は国際的に活躍できる人になりたいと思っているので、語学力の向上だけでなく、国際的な広い視野を身につけることを目標に日々勉強をしています。

受験科目は英語国語(現代文、古文)世界史でした。

また、部活は中学高校と吹奏楽部に所属しており、ホルンを吹いていました。

趣味はお友達とお出かけ、映画鑑賞、旅行、そして一番はディズニーに行くことです!!

もし趣味の合う人がいたらどんどん話しかけに来てください~!

 

担任助手について

突然ですが、みなさんにとって担任助手とはどのような存在でしょうか。

受験生時代の私にとって、担任助手の先生方は誰よりも信頼できる、必要不可欠な存在でした。

私の受験生活はうまくいかないことの方が多かったのですが、それでも担任助手の先生方の支えのおかげで今の私があると思っています。

今回のブログを通して、これから東進で受験期を過ごすことになるみなさんに担任助手のことをより理解していただけるような話ができたらなと思っています。ぜひ最後まで読んでほしいです。

 

担任助手は学校の先生とも家族とも友達とも違う、唯一無二の存在です。

少し前まで受験生だった担任助手だからこそ、みなさんに与えることができるアドバイスや分かってあげられる受験生の気持ちがあります。

実際、受験生の頃の私には家族や友達には話せないけど、担任助手の先生には心置きなく打ち明けられることがたくさんありました。

それは、模試でいい結果が出せた嬉しい気持ちだけでなく、勉強での辛いことや不安な気持ちなど、嬉しいことから悲しいことまで多岐にわたります。

 

そしてこれから受験生活を東進で過ごしていくみなさんにも、当時の私がそうであったように、担任助手という存在をフル活用してほしいです。

私たち担任助手は、みなさんが最大限の努力をできるようサポートするために存在しています。

これからの受験生活、嬉しいことや悲しいことなど様々なことがみなさんを待っているかと思います。

その中で、自分一人で抱えきれないことも一つや二つ出てくるはずです。そんな時はぜひ、担任助手を頼って下さい。

みなさんと感情を共有をしたり、一緒に勉強の計画を立てたりと、精神面でも学習面でも担任助手にできることはたくさんあります。

なので勉強で困ったことや分からないことなど、何かあればどんどん担任助手に相談してください!

受験は楽しいことばかりではありませんが、最後にはみなさんに「東進で勉強できてよかった!」と思ってほしいです。

そのために私も全力でサポートするので、最後まで一緒に頑張りましょう!!

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

これから一年間、よろしくお願いします!! 担任助手一年一同