自己紹介ブログ~嶋坂~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 19日 自己紹介ブログ~嶋坂~

はじめまして、今年度から担任助手として

皆さんの勉強のお手伝いをさせていただきます

嶋坂倫成(しまさかりんせい)と申します。

よろしくお願いします!

現在は明治大学文学部文芸メディア専攻

通っております。

それでは簡単な自己紹介と受験について

思うことを話していきます!

自己紹介

出身高校:聖徳学園高等学校

部活:バスケ部(小6からずっとやってます!)

趣味:バスケ・サウナ・1人カラオケ・

アニメ、漫画、小説etc

受験科目:英語・国語(現古漢)・日本史

サウナはここ最近で一番アツい趣味です。

空いてる日に一人でフラっと行ったりします。3セット終わった後のオロポのために

生きていると言っても過言ではありません!

こちらからもたくさん話しかけけるので、

皆さんもぜひ話しかけてください!

受験について

東進に入ったのは高2の7月でした。

新型コロナウイルスの影響で

高校が休校になったことで

高2の4~5月を堕落の限りを尽くして

過ごした自分に危機感を抱き、

6月に体験授業を受けたのちに入学しました。

受験に対して本気で取り組むようになったのは

高3のGWくらいだったと思います。

受験生の時に自分を突き動かしていたのは

焦り、不安、危機感でした。

第一志望校合格への焦り、

現状への危機感、

大学生になること、

そしてその先の自分への不安、

考えても考えても

これらが消えることはありませんでした。

なんなら今でさえも焦りや不安、危機感に

苛まれながら生きています。

このマイナス感情を原動力に変換できたのは

ひとえに担当だった

高橋担任助手の言葉のおかげだと思います。

「手を進めなければ何も変わらない」

悩んでいるだけじゃ何も変わらないのです。

ヘドロみたいにどす黒い感情を抱えながらも

勉強し続けなければいけないのです。

時には手が止まることも、

どうしてもやる気になれないことも

あると思います。

それでもなるべく早く立て直して、

また勉強していかなければなりません。

それほどに受験勉強というものは

辛く険しいものなのです。

そのぶん、

受験勉強がもたらす恩恵は非常に大きいです。

僕は第一志望の大学には合格することができませんでしたが、

それでもやり切ったという気持ちは

自信となって今の自分を支えています。

それに受験勉強で学んだ「知識」は

「知恵」となり今後の人生を豊かにするためのツールとなります。

たとえ目に見えるものではなくても、

全力で取り組むことで受験勉強が終わった時に

必ず大きく成長できるはずです。

最後に

かといって第一志望校に合格できないのは目から血の涙が出るくらい悔しいです。

皆さんにはそんな思いはしてほしくないので、

精一杯皆さんのお手伝いをしていきます。

教材や過去問との向き合い方、

勉強のスケジュールの管理など、

分からないことや不安なことは

どしどし質問してください!

全身全霊で頑張っていきますので

これから1年間よろしくお願いします!

明日は紙屋担任助手です!