受験生応援ブログリレー ~山口~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 12月 29日 受験生応援ブログリレー ~山口~

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

調布校担任助手の山口真央です!

今日は地歴公民の千題テストですね。

受験生の貴重な一日を丸々費やした訳ですので、一点でも多く点を伸ばすために、必ず復習して次に繋げましょう。おすすめは点が低かった部分からもう一回解き直すことです!

さて、今日はタイトルにもある通り、特に受験生の皆さんに向けて私から応援のブログをお届けします。

ぜひ最後まで読んでください!

初志

皆さんにとって恐らく最初の入試になるであろう大学入学共通テスト本番まで、もう3週間を切りましたね。

春、もしくはそれよりももっと前に

「この大学に入学したい」

そう思い起こしてからここまで、たくさん努力してきたと思います。

そして、努力を重ねていくうちに、模試で取れる点数が伸びて、志望校判定が良くなる嬉しさを味わえた人も多々いるはずです。

 

ですがその反面、たくさんの辛いこと、苦しいこともあったと思います。もしかしたら今が一番辛いって言う人もいるかもしれません。

そんな時こそ

この大学の入学したい

と思った時の、いわゆる”初志”を思い出してください。

これが、今回私が一番伝えたいことです。

 

私も、他の受験生と同じように辛い時期を経験しました。

そしてそんな私は、初志貫徹の大切さを身を持って実感しました。

貫徹

辛いとき、

もう無理だって思う時、

初志を見失いがちです。

 

現に受験生の時の私は、その辛い時期に

もうどこでもいいから合格したい

そうずっと思っていました。本当は行きたい大学があるのにも関わらず。

この頃の私は完全に初志を忘れていました。

自分が本当に行きたい大学に向かってではなく、どこかしらの大学に向かって闇雲に努力することは本当に大変でした。

 

それに、こんな努力の仕方をして合格できても、全てが終わった後に後悔が残ります。

「やり切った!」と心から思うことは出来ません。

 

よくある言葉ですが、

結果より過程

というものがあります。

 

私は、去年受験というものを乗り越えて、この言葉は本当だと思いました。

 

たしかに結果は大事です。

だけど、皆さんが受験期を通して、悩み苦しみながらも、自分と向き合い逃げ出さなかったこと

その事に意味があるのです。

 

第一志望校に合格出来なかった私が言うとただの言い訳に聞こえてしまうかも知れませんが、

 

合格出来ても合格出来なくても、

努力した過程に全ての意味がある

と、私は思っています。

 

そのために、

初めて第一志望校を決めた時のこと

もしくは

受験をしようと決心した時のこと

こういった初志を忘れず、そしてそれを最後まで貫き通してください。

 

これは、結果に関わらず後悔の残らない最後を迎えるためにも必要な事です。

もし今、自分の目標や努力する意味を見失ってしまっていたら、

このブログを通して、改めて自分の気持ちを見つめ直してみてください。

 

本当に応援しています。

みんなならもう少し頑張れる…!

 

共通テスト本番まであと17日

後悔しない努力を積み重ねていこう!

あと少し!!