共通テスト本番レベル模試まであと5日! | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 2月 16日 共通テスト本番レベル模試まであと5日!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

調布校担任助手の片山です!

今回は、2月21日に実施される共通テスト本番レベル模試について話していこうと思います!

2月の模試は効果測定

以前のブログで川添さんも触れていますが、新高3生は4月の模試で志望校の点数に到達することが大事になります。それは、4月までに基礎を固めることで、春以降の応用レベルの演習や、志望校に向けた演習に必要な分の時間をさけるようになるからです!

それに新高3生の皆さんは、3月末までに受講修了が目標になっていると思います。4月なるまでに受講を終え、基礎を固めて、なんとしても4月の模試で目標点を突破できるようにしましょう!

2月の模試は、そのための判断材料にしてください。点数にこだわってほしいのはもちろんですが、あくまで中間地点として、4月に目標点を突破するための効果測定として活用しましょう!

すぐに復習!

これは今までのブログでも口酸っぱく言ってきたことですが、模試は受験したら即日採点・すぐに復習をしましょう!時間を置くほど、どんどん効率は悪くなっていきます。

それに、今回の2月の模試は4月に向けての効果測定なので、4月までの1か月半でどの分野を毎日どのように勉強して伸ばしていくのかを意識して復習しましょう!

作戦立てができたらあとはそれを実践するのみです!

最後に

新高3生のみなさんは、いよいよ受験本番まで一年を切る頃になってきました。ここからの一年間はあっという間です。ぜひ自分で立てた予定は毎日コツコツと達成できるようにしましょう。

もし今それができていないと、受験の天王山と言われる一番大事な夏休みに入ってから一日中勉強するときに、計画が総崩れして痛い目を見るなんてことになってしまいます。そうならないためにも、無茶な予定立てはしなくていいので、グループミーティングで立てた必要な勉強量を、きちんと毎週達成できるようにしていきましょう!

現時点で、きちんと計画通りに勉強する習慣がついている人も中にはいると思います。その人はぜひ毎日プラスアルファの一問を意識してやってみてください。「いつもなら帰る時間だけど、もう一ページだけ単語を覚える。」「もう一問だけ解いてから帰る。」などなど、何でもいいのでプラスアルファの勉強を加えてみてください。

今の時期からそうして少しずつ積み重ねていくことができれば、夏や秋になった頃には想像できないくらい大きな力になって皆さんの結果に表れてくるはずです。ぜひプラスアルファの一問に挑戦してみてください!

 

最後に受験生へ

本当にいよいよラストスパートですね。併願校の合否結果が出始めて、ちらほら受験が終わった友達も出てくる頃だと思います。

また例年とは違い、色々な不安もあったと思います。皆さんはその中でも本当によく頑張ってきました!まずはそのことに自信を持ってください。今まで努力して勉強してきた分はきちんと皆さんの力になっています。あとはそれを出し切るだけです!最後の最後の一秒まで自分を信じて頑張れ!校舎から応援しています!!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

次回の担当は山城担任助手です!お楽しみに!