英語は音読! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 7月 15日 英語は音読!

東進ハイスクール調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は、担任助手1年の遠藤です!

最近、雨ばっかりで皆さんも勉強のやる気がなかなか出ないのではないでしょうか。

そこで、今回は家でもできる『音読』について話していきたいと思います!

1.音読のメリット

まず、音読をするとどんないいことがあるか紹介していきたいと思います。

・リーディングのスピードが速くなる

人間は黙読するときでも心の中で文章を音声化しながら読んでいます。そのため、音読がスムーズにできるようになれば必然的に黙読も速くなります。過去問や模試を解いて、長文が読み終わらない人もたくさんいると思います。実際に私も、音読するようになるまでは時間が足らず、大門一個分余ってしまっていました。しかし、毎日夜に音読するようにしてから、長文を読むスピードが上がり、時間内に解き終わるようになりました!

・リスニング力が上がる

前から後ろへと英文を読んで意味を理解するには、頭の中で日本語に変換する暇がないことから、英語を日本語に訳さず英語のまま理解するという力を養うことができます。

・単語、熟語、文法などの知識が定着する

自分で声に出すことによって、目だけでなく耳からも学ぶことができ、なんとなくでしか記憶できていない単語、熟語、文法などの知識を黙読よりも記憶に定着させることができます。

などなどたくさんあります!

2.音読の方法

次に、おすすめの音読法を紹介したいと思います。

1.リピーティング

まず、音源を聞いて真似をするように繰り返します。この時、大事なのは正しく発音することです。正しい発音ができるようになることはスピーキングにもリスニングにも必ず役に立ちます!

2.Read&look up法

Read&look up法とは、一度英文を音読したら、スクリプトを見ずに暗唱するという方法です。長い文章だと初めは難しいと思うので、区切りのいいところで分けてやってみましょう!

3.シャドーイング

最後に、音声から聞こえたものをそのまま声に出します。慣れないうちは、難しいと思いますが、あきらめずに一語でも多く拾い上げ声に出すことが大事です!

最後に

音読は普通に机に向かって勉強するのと同じくらい大事とまで言われています。音読はたまにやるのではなく、少しづつでいいので毎日継続してやることが大事です。ぜひ、上の方法を参考に皆さんも音読してみてください!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

次回は山崎担任助手です!お楽しみに!