夏期特別招待講習体験記③ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 22日 夏期特別招待講習体験記③

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは。担任助手2年の中嶋です!

私は高校2年生の夏に東進に入学しました。

本日は「なぜその時期に決断をしたのか」「なぜ東進で頑張ろうと思ったのか」をお話させてください!

環境の変化

私が通っていた高校は例年文化祭に力を入れており、夏休み期間中も学校へ通う日々でした。

特に高校3年生は出し物に力を入れるため絶対時間がなくなる…早く受験勉強を始めないと…

わかってはいるけど、私は自分で勉強する習慣がなかったので高校2年生になってもダラダラと過ごしていました。

まだ大丈夫だと自分に言い聞かせる日々でしたが、、

周りの友達が徐々に塾や予備校に入り、なんと学校の休み時間も勉強をするようになりました。

「これはまずい!!!!」

その友達は休み時間にずっっとスマートフォンで英単語を勉強していました。なんだそれは!!いいな!!

それが東進ハイスクールの「高速マスター基礎力養成講座」です。これが東進との出会いでした。

母親に相談し東進の体験に行くことを決めました。

なぜ決意できた?

きっかけは周りが勉強を始めたことへの焦りと実際に東進のコンテンツを使う友人の話を聞いたことでしたが、

それまで全く勉強をせずに過ごしていた私は高校2年生の夏には東進に入学し、毎日登校して2コマ以上授業を受けるようになりました。

「本気で頑張ろう」と決意したからです。

理由は↓

①志望校について初めて家族以外に話したことです。自分の将来について、担当の人と話して言語化することでどんどん想いが強くなりました。大学受験について深く考えるきっかけになりました。

②予実管理を徹底できるようになったことです。招待講習期間中は毎回担任助手が、予定を実行できたかとそれに対してのアドバイスを行います。自分で予定立てをしたことがなかった私は、計画を立てて勉強することの重要性を学びました。

③受講や高速基礎マスター基礎力養成講座(英単語)を通して、学校の宿題をやっていても実際に力が身についているのを実感することができました。

始めるなら今!

私が受験生時代に一番大事にしていた言葉があります。

それは

『いつでも「今」が一番大事』です。

「今」この瞬間にどのような決断をするかが「今」の皆さんにとって最も重要なことです。

いつかは頑張ろうと思っているそこのあなた!!!「今」決意して東進で頑張ってみませんか?