良い夏休みのスタートダッシュの切り方!① | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 7月 28日 良い夏休みのスタートダッシュの切り方!①

東進ハイスクール調布校のブログをご覧のみなさんこんにちは!本日のブログは佐伯が担当します。

だんだん暑くなり夏を感じるようになってきましたが、みなさんはどうお過ごしでしょうか?季節の変わり目なので体調管理に気を付けて勉強に励みましょう!

さてさて本日のブログについてですが、

今まで三澤担任助手までの方々が書いてくれた「定期テストと東進の勉強の両立について」から一転、私のブログからは高校1・2年生に向けて「夏休みのスタートダッシュ」について書いていきます。

新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮されている高校も多いとは思いますが、それでもみなさんにとっては貴重な長期休みですよね。それを生かすも殺すも自分次第、とはなりますが私たち担任助手の立場としては夏休みを無駄にしてしまう高校生をほっとくわけにはいきません!!

微力ながらも、みなさんの助けになればという気持ちでこのブログを書いていきます!

夏休みの過ごし方で大事なことはズバリ2つ!

①計画立てをする

②学校がある時と同じ生活リズムで過ごす

当たり前のことに思うかもしれませんが、これら2つをやるだけで他の同級生と大きく差をつけることができると思います。なぜなら多くの高校生がこの”当たり前なこと”ができていないからです。

①計画立てをする

みなさんがいままで経験してきた長期休みを振り返って、計画立てができていた人は居ますか?学校からの課題でそのような物が出ていれば話は別かもしれませんが、自主的に計画立てをして長期休みを過ごせていた高校1・2年生は頻繁には見かけません。

しかし考えてみてください。普段の学校に時間割が無かったらどうなると思いますか?「今日は数学をやる気分じゃないからやらなくていいや~」「疲れたから授業無しでいいや~」そんな学校生活、恐ろしいですよね。何も計画立てをせずに長期休みをただただ過ごすことは学校に時間割が存在しないことと同じことなのです。

ということでみなさんにはこの夏、しっかりと計画立てをしてなんとなくで過ごさない夏休みを経験してほしいのです。これを高校1・2年生のうちにできていれば勉強における成功体験となり、受験生になった時の武器となるでしょう。

もしもこのブログを読んで計画立てをする気になった人がいれば自分なりに日ごとでも、週ごとでも予定を書いてみて、「この分量でやっていこうと思っているけれど大丈夫か」と担任助手に相談してみてください。自信をもって相談にお答えできると思います!

②学校がある時と同じ生活リズムで過ごす

夏休みを過ごすうえで大切なこと2つめ!これは口で言うほど簡単なことではないと思います。時間の制約がなくなると体の動きが鈍くなる気持ちは十分に分かります。

しかしこれは本当に大切なことになってきます。学校があれば毎朝6時~7時半の間には起きている高校生が多いでしょう。夏休みにその時間に起きて過ごすことによって活用できる時間が多くなり、より一層東進の勉強にも学校の勉強にも励むことができます。

意識するだけでいいのでこれは頭の中にいれておいてください。必ず皆さんのタメになることでしょう!!

最後に

夏休みの過ごし方について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?”夏休み”と限定的に言ってはいるものの、これは他の長期休みでも毎週日曜日にもあてはまる話であり、少し意識するだけで良い方向に向くと思います。

また、8月1日より東進ハイスクール調布校は朝8時から開館するのでみなさんの生活リズムにも勉強にも力になることができます!この夏休みで他の同級生と差をつけていきましょう!!

次回のブログは矢野担任助手が担当します。おたのしみに!

 


東進では現在、最大2講座を無料で受講できる「夏期特別招待講習」を行っております。

詳細は【こちら】をご覧ください。