冬休みをどう過ごす? | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 17日 冬休みをどう過ごす?

調布校ブログのご覧の皆さんこんにちは!そしてお久しぶりです!

調布校担任助手1年の福嶋優和です!

 

今年も残りあと14日ですね。私は大学生になり時間が立つのがはやくなったように感じます。

 

ところで高校2年生以下の皆さん、“受験はまだ先”って考えてませんか?

“同日模試の結果で受験の結果がわかる”と言われるほど同日模試はとても重要なんです。

そんな模試ですが、良い結果を出すには冬休みの過ごし方がとても大切になっていきます。

今回は「冬休みを最大限に生かす」をテーマにやっていきたいと思います!

ぜひ最後まで読んでください!

冬休みどう過ごす?

この資料をご覧ください。

これは私立理系の同日体験受験の得点と入試本番の合格率の関係を表したものです。

同日模試で良い結果を出せているほど、大学の合格率は高くなっていますね。

先ほど述べたように受験本番の1年前の結果が受験の合否に大きくかかわってくるのです。

 

では質問です。

高校2年生以下の皆さん、共通テスト同日体験模試まで残り1ヶ月を切っています。

 

冬休みはなにをして過ごしますか??

 

答えはもちろん “勉強” ですよね!

「まだ受験まで1年もある。それに周りもまだ勉強を始めてない」と思う方もいるかもしれません。

私は、ライバルたちが勉強していないこそ勉強を始めるべきだと思います!

冬休みを最大限に生かすことが同日体験受験で良い結果を残す、そしてライバルたちに追いつく、追い抜くことにつながると思います!

 

冬休みを最大限に生かしてみませんか??

 

帰省や部活などで忙しいと思いますが、少しでも多く勉強しましょう!

例えば、いつもなら部活で疲れてすぐ寝るところを頑張って30分間高速基礎マスターをやる。

帰省先でも毎日1コマは必ず受講をする。 でもいいと思います。

このようなことでも毎日積み重ねれば同日体験模試の結果は絶対に変わってきます!

いつもより+αを意識して勉強をしてみてください!

最後に

今回は「冬休みを最大限に生かす」をテーマに話させていただきました!

このブログを読んで高校2年生以下の皆さんの勉強時間が1秒でも増えてくれたら嬉しいです。

次回の担当は毛利担任助手です!

受験生応援ブログリレーが始まるので是非ご覧ください!