週間HR~受験生ver~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 9月 13日 週間HR~受験生ver~

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日は担任助手2年の佐伯が担当します。

今回のブログでは、受験生向けの週間HRの内容についてお話していきたいと思います!

今週のHRでは受験校に対する意識を強めてもらうために「二次私大の入試変更点」をテーマにお話ししていきました。

テーマ①

「共通テストについての確認事項」

先週の週間HR”大学入学共通テストの変更点”に引き続き、今回のHR冒頭でも大学入学共通テストについての確認をしました。主に再度確認した点はこの3つ。

・今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大学入学共通テストは2つの日程が設置されている

・9月28日(月)~10月8日(木)が出願期間である

・共通テストの結果で合否判定を行う大学がある

今後新しい情報が更新される可能性は大いに考えられるので、東進ハイスクールHPの大学入試共通テストに関する最新情報https://www.toshin.com/news_newtest/teacher/

のチェックも忘れずにしましょう!

テーマ②

「二次私大の入試変更点」

そして今回の本題、二次私大入試についての変更点について。

突然ですが皆さんは自分の受験する大学の入試形態を完全に把握できていますか?入試形態を知らずにただやみくもに学習することは効率の悪い受験勉強です。どれだけ効率をあげて勉強していくかという点は非常に合否にかかわる部分ですので、入試変更点を知ることは必須となってきますね。

今回のHRでは

・学習院大学国際社会学部で実施予定だったプラス入試を中止。それに伴い同学部コア試験の募集人員が80名から95名に変更。

・横浜国立大学では、二次試験の学力調査を基本的に実施しない方針。すべての学部で自己推薦書の提出が課される。

などの具体的な変更点について触れました。

先述でも触れていますが、特に今年の大学受験は、どれだけ情報を早くつかむかで合否が変わる言っても過言ではないでしょう。

また、入試日程を確認していない受験生は早いうちにこちらの確認をしておきましょう。カレンダーに書き出したら受けようと思っていた大学の受験日がかぶっていた、なんてことは頻繁にあります。入試日が4日以上続く可能性も浮上してくるかもしれません。

このような場合は人によって、受験校を変更する必要があるのでまだ確認していない高校三年生が居たら必ず調べてみましょう!

 

本日のブログは以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の更新もおたのしみに!!