センター同日模試とは | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 12月 25日 センター同日模試とは

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!

冬休みなのに課題が多くて全然休みになっていない担任助手の壱貫田です。

12月25日の今日はクリスマスですね!

ケーキを食べる人も多いのではないでしょうか?

私も今夜、どんなケーキが食べれるのか楽しみです。

さて、今日のブログは1月19日、20日で行われるセンター同日試験についてです。

高校2年生の人はこの模試をどのように考えていますか?

それぞれの人が様々な思いを持っていると思いますが、今日はセンター同日模試の大切さとどのような気持ちで臨むべきかをお伝え出来たらなと思います。

センター同日模試はほかのどの模試よりも特別なものです。

なぜ特別なのかというと実際のセンター試験の問題を解くからです。

多くの予備校でセンターレベル模試というものは実施されていますが、その難易度は予備校によって様々です。

主に受験の基礎となるレベルの問題で構成されるれる実際のセンター試験を受けることで今の自分の学力を正確に測ることができます。

この模試の結果はその後1年間の勉強の計画を立てる上でもものすごく重要になってきます。

また2日間にわたって実際のセンター試験と同じ時間で受けることもこの模試でしかできません。

整理すると

1.実際のセンター試験と同じ問題を解く

2.本番と同じ時間割で行われる

3.上の2つはこの模試でしか体験できない

ということです。

高校3年生で実際にセンター試験を受ける1年前に予行練習をしておきましょう、という模試です。

ですから、センター同日模試を受ける時も来年実際にセンター試験を受ける時と同じような緊張感で受けてほしいのです。

このセンター試験でセンター利用で合格できるかどうかが決まる!

このセンター試験で第一志望の国立大学に合格できるかが決まる!

という試験で、休み時間に友達とずっとしゃべっていたり、ゲームをしたりできるでしょうか?

そのあたりもよく考えて、センター同日模試に臨んでほしいと思います。

 

明日のブログは小林担任助手です。

Don’t miss it!!!!!!!!

最新記事一覧

過去の記事