併願校決めのポイント | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 10月 4日 併願校決めのポイント

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!


最近早寝早起きを心がけている矢野です。


受験生の皆さんも生活リズムは崩さず、早寝早起きを意識して効率良く勉強に臨みましょう!


さて、突然ですが今回のテーマは併願校の決定についてです。


今から併願校の基準はどのように決めればいいのか

併願校を決めるときに心がけること

2点をお伝えしていきます!


まず最初にどのような基準から併願校を決めたら良いのかという事についてですが、

自分は過去問を解いてみて、合格者最低得点の20〜30点上を取れたら併願校でいいという基準で決めていました。

確かに模試でA判定やB判定を取れているという基準もあるかもしれませんが、

だからといって過去問を解かずに併願校を決めると痛い目に遭います

実際、模試の判定がよかったからと言って、過去問を解かずに併願校を受け、不合格になった人も多くいます。

確実に併願校を押さえ、第一志望校を安心して受験できるよう、過去問はしっかりと解き、対策を怠らないようにしましょう。


次に併願校を決めるときに心がけることです。

それは万が一その併願校に通うことになった時に、自分の学びたいことが大学でしっかり学べるのかをしっかり調べておくことです。

仮に第一志望校に行けなかったとしたら、その大学に4年間通うことになります。

そうなった時に自分の興味のない事を学ぶのは苦痛ですよね。

万が一に備えて、併願校のことはしっかりと調べ、自分の興味のある大学、学部を受験するようにしましょう


少しナイーブな話をしてしまいましたが、第一志望校に合格する気持ちは切らさずに、少し併願校のことも頭に入れておいてください。

これから自分自身の課題が新たに見えてくることがあっありと大変な時期になってきますが、

担任助手一同心から応援しています!頑張りましょう!


明日のブログは泊担任助手です!


それでは明日のブログも


Don’t miss it!!

過去の記事