卒業担任助手ラストメッセージ~Part7~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 5月 8日 卒業担任助手ラストメッセージ~Part7~

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!

ゴールデンウィークが終わり、5月病になりかけている山田です。

4月はやたらとゆっくり時間が流れている感じがしましたが、

5月はゴールデンウィークのせいか、1週目ですでに時の流れの速さを感じています。

 

そんなこんなで担任助手が卒業する季節がやってきましたね。

気が付けば、私が校舎に行く回数もあと2回ほどとなってしまいました。

正直な話、私はずっと自分自身担任助手に向いていないと思っていて、

新しい担任助手に早くバトンタッチした方が生徒のためになるのではないかと考えたこともありました。

それでもいざ卒業となると寂しいですね…

皆さんの頑張りを最後まで見届けたかった!

今日は私からの最後のメッセージをここに残したいと思います。

 

今までのブログでも皆さんに伝えたいことはいろいろと書いてきましたが、

最後に伝えたいことはやっぱり、

気持ちを明るく保ってほしい

ということです。

 

先程、自分は担任助手に向いていないと思っていたと言いましたが、

その理由は、私の受験生生活が人に自慢できるようなものではなかったからです。

予定を立てるのが苦手で、行き当たりばったりの勉強ばかりしていたせいで

生徒におすすめの勉強法もあまり伝えられず、質問対応もままならない。

そんな私が唯一自信を持って自分の強みだと言えることは

気持ちの強さです。

受験勉強は「つらい」と思いながらやるものではない!

ということを伝えたいという思いで私は担任助手を続けてきました。

『山田さんはいつもニコニコしてて~』とか、『いつも楽しそうですよね』

という話を聞いたり、

話した後に笑顔で帰っていく生徒の皆さんを見て、

『しめしめ』と思っていました。

皆さんに「校舎に来るのが憂鬱」となってほしくなくて、

皆さんに元気を配るのが私の役割だと思いながらいつも受付にいたんですよ!

伝わっていたでしょうか?
きっとあまり伝わっていなかったと思うので言葉にしますね(笑)

 

気持ちを前向きに保てる人は強い!

この先、気持ちが折れそうになることもあると思いますが、「腐ったら」だめですよ!

体育会系の暑苦しい話だと思う人もいるかもしれませんが、

これだけは覚えておいてください。

 

最後にもっと言うことあるだろ!という感じもしますが、あえてここで終わりにします。

それでは、次回のブログも

DON’T MISS IT !