受験の不安と向き合うということ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 11月 18日 受験の不安と向き合うということ

 

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

手足の冷え性に悩まされている松田です。

最近朝晩は特に冷えますね、、

お布団から出るのが嫌になってしまいそうです。

風邪をひかないようにしっかり体調管理してくださいね!(私は受験生の時毎晩、某乳酸菌飲料を飲んで寝ていました。風邪のリスクを低下させてくれるそうですよ!)

さて、今日私がお話ししたいのは、タイトルにもあるように、

受験の不安に向き合うということ

についてです。

いよいよ目の前に迫ってきた大学受験に焦り不安を感じている人も多いと思います。

 

そんな皆さんに、ぜひ今日のブログを読んで欲しいと思っています。

 

突然ですが、少しだけ私自身の話をさせてください。

去年の今頃、受験生だった私はとにかく受験が不安で仕方がありませんでした。

大学の過去問を解いてみるものの思ったように点が伸びず、全国統一では今まで順調に伸びていた点数を大きく落としてしまい、校舎の受付で泣いてしまったこともあります。

もうダメかもしれない。

落ちてしまったらどうしよう。

そんなマイナスな考えばかりが浮かんできて、毎日鬱鬱と勉強していた記憶があります。

皆さんの中にもきっと、同じような気持ちになった人がいると思います。

でも、結果的に、最後まで諦めずに、頑張ることができた。

第一志望に合格して、今はこうして皆さんをサポートする側に回ることができた。

では、どうして本番まで気持ちを保てたのか?どうやって不安と向き合ったのか?

今日は2つの方法をお伝えします。

1つ目は、

自分の目標を今一度改めて確認すること

です。

どうして第一志望にその大学を選んだのか。

大学に行って何をしたいのか。

今そういうことを忘れて、がむしゃらに勉強していませんか?

気持ちが落ち込んだ時、それを支えるのは「頑張る理由」です。

ゴールを見失ってしまわないよう、そこを目指して走り続けてください。

きっと皆さんの背中を押してくれるはずです。

2つ目は、

誰よりも、自分で、自分を信じてあげること

です。

自分ができない、やれないと思っていたら、いつまでたっても前になんか進めません。

根性論なんて根拠のないことはいやだと思う人もいるかもしれませんが、実際私はここがメンタルを支える上でとても大きかったように思います。

今やっているこの勉強が、今すぐに結果が出なくても、きっと最後に役に立つ。大丈夫。

そう思って勉強する方が、ずっと楽じゃありませんか?

私の大好きなロックバンドの曲の歌詞の中に、

「過去の自分が今僕の土台となる」

という歌詞があります。

私はこのことを信じて、最後まで勉強し続けていました。

 

今頑張った経験は、この先もずっと皆さんの糧になります。

不安を乗り越えて何か成し遂げることは難しい分、後々皆さんの力になっていくと思っています。

今は先が見えず、漠然とした不安にかられる時期だと思いますが、そんな時だからこそ、落ち着いて、今やるべきことをコツコツとやっていきましょう。

困ったり悩んだ時には、私たち担任助手をいつでも頼ってくださいね。

残り数ヶ月、一緒に頑張っていきましょう!

明日は山野担任助手です。

Don’t miss it!!!

 

***********

 

東進ハイスクール調布校では

12/19に大岩先生による公開授業を行います。

英語がより好きになること間違いなし!!

参加費は無料です!!

是非参加してみてください!

また冬期講習の受付も開始しています。

12/11までのお申し込みで3講座

12/18までのお申し込みで2講座

12/24までのお申し込みで1講座

となっています。

冬期講習も無料で申し込めるので

気軽に東進の授業を体験してみてください!!

フリーダイヤル:0120-104-305