夏の部活と勉強の両立 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 6月 12日 夏の部活と勉強の両立

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

梅雨入りしてしまい太陽が恋しい松田です。

さて、今回私は、

夏休みは部活動が忙しくて勉強の時間がきちんととれるのか不安だな、、、部活と勉強を上手く両立できるのかな、、、

と思っている方に向けて、アドバイス対策方法をお話していきたいなと思います。

大会やコンクールなど、夏は大きなイベントがたくさんあって、学校の課題や他にすべき勉強まで手が回らない、、、そんな経験をした方は多いのではないでしょうか。

私も高校生時代は週7日、朝から晩まで部活があったので、勉強面ではかなり苦労しました。

そしてそんな私が皆さんに身をもってお伝え出来ることは、

今勉強しておかないと、そのツケは3年生になって受験勉強を本格的に始めたときに、すべて回ってくる。

ということです。

受験勉強というのはもちろん発展的な知識も必要ですが、基本的には1、2年生のうちに学んだ知識がベースになっています。ですから今その知識を自分の中にきちんと落とし込んでおかないと、3年生になってその部分を改めて学びなおすことになってしまうのです。これは簡単にこなせるものではありませんし、その分他の受験生に比べてスタートダッシュが遅れてしまいます。

そうならないためにも、皆さんには今のうちから忙しい中でも勉強する癖を身につけて欲しいのです。

このことを踏まえて皆さんにぜひ実践してほしいことその1!

スキマ時間を活用するということです。

電車での移動中、朝起きてから家を出るまでの空き時間、、、探せばスキマ時間はたくさんあります。そのような時間に英単語や古典単語を進めておけば、スキマ時間は大切な学習の時間へと変わります。高速基礎マスターが終わっていない人は、そちらを進める時間にもぴったりですよ。

時間というのは自分で作るものです。ですからどんな時間も無駄にせず、有効活用してくださいね。

そしてその2!

計画的な学習を心がけることです。

部活が忙しいと、ついついそれを言い訳にして先に先に延ばそうとする人がいます。けれどそれではダメです。

部活の予定が出次第、すぐにスケジュールを立て、この日までにここを終わらせよう、この日はここまで覚えよう。と考えるようにしてください。これを怠ると、部活との両立はとても厳しくなります。計画を立ててそれを実行することは、受験生になってからも活きてくることなので、しっかり実践してほしいなと思います。

上記のことを心にとめて、ぜひ、充実した夏にしてください!

明日は矢野担任助手です。

それでは明日も

Don’t miss it!!!