大事な冬休み | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 12月 18日 大事な冬休み

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

最近急に寒くなってとても辛い髙橋です…。

 

さて、今回のテーマは、冬休みの過ごし方についてです。

主に新高3生の皆さんに向けて、今回は書かせていただこうと思います。

 

期末テストが終わりいよいよ冬休みですが、皆さん冬休みはどのように過ごす予定ですか?

クリスマスに大晦日、お正月…と楽しい行事が沢山ありますよね!

 

ただ、学校がなく自由な時間を確保しやすい冬休みは、勉強の時間を確保できる絶好の機会です!

 

そこで、皆さんにぜひとも参加してほしいのが、

冬期合宿

です!!

 

冬期合宿では、12/26~12/29の4日間、河口湖の宿舎に泊まり一日中英語の勉強をします。

 

3年前のこの時期、私もこの冬期合宿に参加しました

もともと英語は得点源にしている科目でしたが、センター試験同日体験受験で英語の点数を最大限上げたかったこと、当時の校舎長に「英語は来年の夏には二次試験が解けるレベルに上げておいた方が良い」と言われたこと、一番上のクラスでは東大の過去問を使用して授業が行われることを聞いて、参加を決めました。

 

実際参加してみて、4日間、決して楽とは言えませんでした。寝るのは1:00起きるのは6:00、それ以外の時間はすべて授業や音読、お手洗いに行く時間さえも音読をしていました。

 

しかし、この4日間、自分の限界まで頑張って勉強したという経験は、その後の私を支え続けました。

本格的に受験勉強が始まり、うまくいかなかったときも、「冬期合宿であんなに頑張れたんだからもっとできる!」と思い、勉強に励むことができました。

 

新学年になり、受講や高速基礎マスターをガンガン進められている子もいれば、進められていない子もいると思います。

どちらの場合でも、ぜひ冬期合宿に参加して、一度自分の限界まで勉強する経験を味わってみてください。

 

冬休みの間、だらだら過ごした生徒時間を有効活用し努力して勉強した生徒

 

その差は受験直前期に目に見えて現れます。

 

学年切り替えを機に、良いスタートダッシュを切ることができた生徒は、その後も、苦しい時期があっても踏ん張って努力し続けることができるからです。

 

「帰省しなければいけなくてどうしても冬期合宿に参加できない…。」という人は、何かしら一つだけでもいいので、冬休みの間継続してやることを決めてそれをとことんやりぬいてみてください。

高速基礎マスターを毎日300問やる、受講を最低1コマ毎日やる、でもなんでもいいです。

 

ここからの努力が皆さんの未来を左右します!体調に気を付けて、ぜひ充実した冬休みを過ごしてください!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

明日のブログの担当は、新井担任助手です。

 

それでは明日のブログも

Don’t miss it!!

 

***********************************

 

東進ハイスクール調布校では

12/19に大岩先生による公開授業を行います。

英語がより好きになること間違いなし!!

参加費は無料です!!

是非参加してみてください!

また冬期講習の受付も開始しています。

12/11までのお申し込みで3講座

12/18までのお申し込みで2講座

12/24までのお申し込みで1講座

となっています。

冬期講習も無料で申し込めるので

気軽に東進の授業を体験してみてください!!

フリーダイヤル:0120-104-305

最新記事一覧

過去の記事