山溜穿石 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 11月 28日 山溜穿石

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さまこんにちは!学祭が終わって一安心と思いきや、またまた仕事が舞い込んできてあたふたしている担任助手1年の藤井紗智です。スケジュール管理はしっかりしましょうね!

 

とつぜんですが受験生の皆さん、過去問演習や単元ジャンル別演習をやっていて1度目に解けなかった問題はその後どうしていますか?そのまま放置?まさかそんなことないですよね?解き直しや復習はもちろん行いますよね?

では、ここで一度考えてみましょう。

今全く手が出ない問題は自分の何が足りていないから解けないのでしょうか?

その原因は基礎理解が不完全?それならば基礎の早急な復習が必要ですが、みなさん今まで基礎は何回も繰り返しているはずです。

なかには『基礎部分は覚えているのに、最初の解き出しがわからない…』という人もいるのでは?

 

問題が解けないということは自分の基礎レベルが足りていないんだ…だから演習は止めようorレベルを落とそう。なんてすぐに諦めないでください!!

難しい問題になるにつれて必要になってくるのは

解法を見つける力”です。

ではその力はどうやって身につくのか。

そうです。問題演習を続けることで身につきます。

最終的に本番で問題を一つでも多く正答したものが合格を勝ち取ります。今、周りよりも正答数が低くても間違えた数を自分の武器にできるように復習して身につけてしまえばいいんです。

こんなに頑張っているのに難しい問題が解けない…と悲観しているそこのあなた!!

大丈夫、自分を信じてあげてください。基礎は何度も繰り返して、例題を解いて身につけてきましたよね。過去問演習も同じです。類題を解いてその問題傾向・解法の方向を身につけましょう。

 

そして、新高3,2,1年生の皆さん!!!12/18(水)には待ちに待った渡辺勝彦先生の公開授業があります。申し込みはもう済んでいますか?スケジュール帳やカレンダーにはもう書き込みましたか?せっかくの機会です!友達も誘って、みんなで英語を得意に・好きになってしまいましょう!

 

センター試験まで残り51日です。1日を大切に有効活用しましょう。体調管理も忘れないでくださいね!!

最新記事一覧

過去の記事