模試の使い方について | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 6月 27日 模試の使い方について

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!!

先日全国統一高校生テストがあり久しぶりに受験生の自分を思い出した中西です。

 

さて今回のブログのテーマは「模試のうまい活用法・復習法について」です。

 

今日は皆さんに僕が実際に受験生だった時に実践していた方法の中でも特に皆さんにもぜひやっていただきたいことを紹介します!!

 

まずはそもそも論ではありますが模試に対しての皆さんの考え方です。皆さんは模試をどのようなものと考えていますか?

得点が下がったり変わらなかったり志望校の判定が思うように振るわなかったりするリスクを避けて模試を受けない人がこのブログをご覧の方の中にもいるのではないでしょうか。

しかしそのようなことをいつまでもしていてははっきりいって、模試を受ける意味がありません!!

模試は皆さんに合格への道を定期的に示してくれる方位磁針であり、すこしうまくいかなかったときも最短のルートで皆さんを軌道修正してくれます。

ですから東進が主催する模試は可能な限り全て受けましょう!!模試の連続受験こそ合格の鍵の一つです。

 

次に模試を実際に受け終わった後にすることです。(ちょうど全国統一高校生テストが返却された頃ではないでしょうか)

もしの帳票が返されて一喜一憂する気持ちはわかりますが点数の良かった人も悪かった人もまだ今回の模試が本番なわけではなくどこかに必ず改善しなくてはならない点があると思います。

そこを帳票を元に自分で分析して、発見し、次に同じところで間違いをしないように演習を重ねることで着実に点数は伸びるはずです。

 

具体的な話になりますが、東進の模試は解説授業が付随しており文字ではわかりにくいところを東進の講師陣が映像で丁寧に解説してくれます。

それを使って概念理解をした後にもう一度解き直したり関連問題を解いたりすることで力はついていくと思います。

 

これから勝負の夏に向けて大きく飛躍するチャンスです。今回の模試の結果を元に今後の学習に励みましょう!!!

 

明日のブログは備前担任助手です!!! 明日のブログもDon’t miss it!!!!