模試は受けるだけじゃ意味がない | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 6月 28日 模試は受けるだけじゃ意味がない

 

 

 

東進ブログをご覧の皆さん、こんにちは!最近気候変動が激しくて体調を崩し気味な備前です。

今回のテーマは模試の復習のやり方です。みなさん模試のあとは復習、ちゃんとしていますか??

この質問を生徒皆さんに聞くとやっている人とやっていない人が1:1くらいの比率なのかなと思っています。まず、模試というのは何のために受けるのか考えてみましょう。

模試というのは、1ヶ月か2ヶ月に一回しか訪れない貴重な時間だと思います。

模試を受けることで、そこまで培ってきた自分の学力を数値にして表すことができます。その数値を利用して、今後の勉強方針を立てていくことが模試を終えた後の必須課題だと言えます。

ですが、それと同じくらい大事なことがあります。それが、模試後の復習です。先程も言いましたが復習を行っている人は一定数いるんです。ですがみなさん、正しい復習の仕方を行っているでしょうか?

復習作業を義務化された単純作業にすることはやっていても無駄なだけですし、はっきり言ってそんな時間があるんだったらその時間を受講の復習などにあててもらうほうがよっぽどよいと私は思います。

みなさんに合う復習方法というのは人それぞれなので普遍的かつ完璧な復習方法というのは明示できませんが、ここで私が行っていた効率のいい復習方法を紹介したいと思います。

みなさんに一番なじみのある英語ですが、私が英語の模試復習で行っていたのはとにかく音読です。センターレベル模試にしても、有名・難関大模試にしても音読は欠かさずやっていました。

そして音読を行う上で必要になってくるのが語彙力です。

音読する長文の中でわからない単語があるままにして音読してもその文章で何を言っているかが不明なのでそれはよくないです。わからなかったらまず調べて、音読できる状態にしてから始めましょう!

音読は1長文につき最低3回は読みました。それでも内容が理解できなければもっと回数を重ねるべきです。

音読することで自分で発した英語がそのまま脳に届いて記憶に残りやすいというんおは本当だと思いますし、だからこそ皆さんにも徹底してほしいんです。

たかが音読だと思わないでください。音読は英語の読解力、リスニング力強化に絶対つながります。

ということでみなさん、結論を言うと模試はやるだけでは絶対意味がありません。せっかく時間をとって行うのですから最大限有効活用しましょう。

8月の模試でみなさんが最高の点数をとれることを願っています。

明日のブログ担当は松田担任助手です。Don’t miss it!!