最短で成績を伸ばす方法 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 10月 18日 最短で成績を伸ばす方法

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!

最近寒くなってきて秋を感じている壱貫田です。

 

受験生はセンター試験まで100日を切りましたね。

唐突ですが、皆さんは入試まで時間がない中で最短で最も成績を伸ばす方法を知っていますか?

そんな簡単に成績なんて伸びないだろと思ってる人もいるかもしれません。

しかしこの方法で私は受験生当時、10月から偏差値を7上げました。

私が今から話す方法は特別な勉強法ではありません。

意識を変えるだけで変わります!

 

それは演習(模試)→復習(失点分析)→苦手分野の演習のサイクルを常に意識して勉強することです。

これは勉強の基本ですが、成績が伸び悩んでいる人はこのサイクルを徹底できていないと思います。

さらに成績を効率的に伸ばすにはこの3つの中で復習(失点分析)に重点を置くことです。

 

この時期は多くの人がインプット学習を終えて、ひたすら演習を繰り返していると思います。

しかし、目的のない演習ははっきり言って時間の無駄です。

勉強の目的を明確化させるのも復習をすることで、自分が何をやるべきかの優先順位わかってきます。

 

この時期からは自分で行う過去問演習のほかに模試が増えてくると思います。

10月28日には全国統一高校生テストもあります。

模試の復習は特に力を入れて行うべきです。

模試は成績に目が行きがちですがこの時期はできた問題よりも間違えて問題を見ることが大切です。

模試の失点分析は間違えた問題だけでなく、

間違えた問題の分野を確認しその分野を丸ごと復習することを勧めます。

復習の仕方を工夫することで成績の伸び方はまるで違います。

模試を受けたら、まず復習をして模試を最大限活用しましょう!!

 

明日のブログの担当は小林担任助手です。

Don’t miss it!!!!

 

 

過去の記事