学年上がる前に | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 2月 20日 学年上がる前に

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

今日の担当は畑です。

もうすぐで2月も終わってしまいますね。もう新学年がすぐそこに迫ってきています。

東進では、受験生の登校が少なってきて、さみしい限りであります。

もう本当に何度も話している話ですが、今一度「志」について書いていきたいと思います。

もう早速ですが、なぜ大学にいくんですか?

この問に対して、明確な答えを出せる人は、多くないと思います。

決まっていない人はなぜ大学受験のために勉強しているんですか?

大学に行く意味があるんでしょうか?

よく大学でやりたいことを探すためと話す人がいますが

真剣にそう思っているんでしょうか?

それって大学じゃないといけないんでしょうか?

今じゃダメなんでしょうか?

もちろん真剣にそう考えているなら、問題ないです。

大学でやりたいことを探すと言っている人は、大学について本当に調べていますか?

みなさんが大学についてどんな期待を抱いているのかは謎ですが、

大学は能動的に行動しない限りは、

やりたいことなんて当然見つかりませんし

なりたいものなんて見つかるものではありません。

ただただ時が過ぎていきます。

いまやりたいこと、なりたいものを探してもいない人が

突然、大学に入ってやりたいこととか本当に探し始めるんですかね。

仮にするとして、今やりたいことを探す時間がないからと言っている人は、

探す時間がないっていうだけの時間を勉強しているんでしょうか。

私も特にすごくやりたいことがしっかりと明確な状態で大学に入ったわけではないので

偉いことは言えませんが、

自分が受験を終えて、約二年間担任助手をやっていて言えることは、

やりたいことを受験までにしっかりと見つけて、

大学やレベル、学部に対して本当に拘りを持っている人の方が

圧倒的に合格率は高いです。

当たり前ですが・・・

拘りを持っていることが合格率を高くすることに直結する訳ではありませんが

拘りを持っている人は、自分の行為に対して

明確な目的を持っていて、

勉強を受験が近いからなんとなくやっているのではなく、

勉強を自分のために必要だからやっています。

どちらのほうが実りのある勉強でしょうか。

答えは明確ですね。

やりたいことが見つからないという人は、

やりたいことが本当に見つけられないのか本気で探していないのか

を自分に問いかけてみてください。

視野を広げるためになにかしましょう。

興味のある分野を掘り下げるために、

気になる大学の気になる学部について深く調べてみましょう。

友達と将来について話してみましょう。

仲の良いの先輩と話してみましょう。

まずは将来どうありたいかを考える。

やれることたくさんあります。

東進の調布校でもやれることたくさんあります。

トップリーダーと学ぶワークショップ

グループミーティング

大学基礎知識講義

担任助手に相談

東進においてある本を読む(講義ライブ、ダイヤモンド…etc)

実は東進には、皆さんの夢等を探すための本たくさんあります…

スタッフにいってくれればどんどん貸し出します。

新学年にあがる直前の今、本当に考えてください。

受験が迫ってくると考えている暇もなくなります。

受験を本当に勝ち抜きたい。

自分の将来を良くしたい!

と思うなら、自分が勉強する、大学に行く意味を今一度見直してください。

自分の目標を自信もって語れる人は、自分の将来の展望に対して誇りを持っている人は

強いです。

(勉強的にも人間的にも)

先ほど書き忘れましたが、

東進ではこれから合格報告会も始まります!

見事受験を制した先輩からは学べることたくさんあると思います。

ぜひ参加してみてください。

長くなってしまったので、ここら辺で終わりにさせていただきます。

明日の担当は遠藤担任助手です。

明日のブログも

Don’t miss it

-------------------------------

調布校からお知らせです。

東進ハイスクール調布校では現在、新年度招待講習を行っております。

この時期はまだ早くない?

期末試験終わってからでいいや。

と思っている人もいると思います。

しかしそれでは遅いです!

周りの人より早く始めていればいるほど合格は近づきます。

早い人は夏から始めています。

悩んでいる時間はもったいない!

無料新年度招待講習を活用してみませんか?

3/13 までのお申込で3講座

3/20 までのお申込で2講座

3/27 までのお申込で1講座

を受講できます。

新年度招待講習でライバルと差をつけよう!

 

フリーダイヤル:0120-104-305

最新記事一覧

過去の記事