東進生へのラストメッセージpart7 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 5月 3日 東進生へのラストメッセージpart7

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!
少しお久しぶりのブログを書いています、担任助手の泊です。

そして、このブログで私のブログはラストとなります。

私は文章を書くのが得意ではないので拙い文章となるかもしれませんがお付き合い頂けると幸いです。

 

まず、私と関わってくれた生徒のみなさん、一緒に働いてくれた方々、今まで本当にありがとうございました!

2年間の担任助手生活、みなさんのおかげで楽しく続けられました!!

 

この仕事に関わり、嬉しいことも悔しいこともありましたが、担任助手生活2年間の経験は私にとってかけがえのないものとなりました。
兎にも角にも、このような私と関わってくれた皆さんに感謝でいっぱいです。

 

そしてここから少し自分の話になってしまいますが・・・
私が担任助手をやっているなんて、生徒として東進に通っている頃には到底想像もできませんでした。

というのも、人見知りの極みのような性格だし勉強に真面目に向き合ってきたとは言えず、最後には勉強しなくなってまった時だってあったような人間だったのです。

そんな私のことを最後まで支えてくれた担任助手へのあこがれや、私のような経験をしてほしくない、などの想いから担任助手をやろうと決めました。

私が受験生の時は志望校や勉強の計画を自ら決めたくせに、前述したとおり最後までやり抜くことができませんでした。この”出来なかった”という経験は今でも私の中に深く根付いており、受験が終わった後の自己肯定感も低くなってしまいました。

(おかげ様で今では担任助手の仕事を通して人見知りの極みからは脱し、なんやかんやで楽しくやっておりますが・・・)

 

みなさんにはこんな風にはなってほしくない!!

 

自分で目標を定めて、その大学に行くために勉強をする。と決めたのであれば、その自分の決断に対して最後までやり抜くという経験をみなさんにはこの大学受験でしてほしいです!

 

大学に、社会に、途中で諦める癖がついたまま行って欲しくないし、めっちゃ頑張った!!大変だったけど思い返すと楽しかった!と思えるような受験生活を過ごしてほしいです。このような経験ができるのは学生時代の特権だと思います。

私も受験勉強めちゃくちゃ頑張ってた時は楽しかったです。。。

今は何かと忙しくて大変だと思っているかもしれませんが、今ここで頑張ることで後悔することはないはずです!!!

 

 

最後に!
高校生にもなると何でも自分でできるようになってきますが、一方で家族の方々の支えで成り立っている部分も大きいと思います!
今東進に通っている人は相当なお金をかけてもらってこの環境を与えてもらっているはずなのでそれを当たり前と思わず、周りの支えてくれる人に感謝することは忘れないでください。

 

拙い文章、最後まで読んでいただきありがとうございました。
私はこれで最後となりますが、これからも調布校ブログをぜひご覧くださいね!

陰ながら皆さんをずっと応援しています!!

 

それでは、調布校担任助手泊優美花でした!今まで本当にありがとうございました!!