模試受験お疲れさまでした! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2021年 6月 3日 模試受験お疲れさまでした!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!本日の担当は丹羽です。

まずは、5/23実施の大学合格基礎力判定テスト・5/30実施の早慶上理・難関国公立大模試/全国有名国公私大模試の受験、お疲れさまでした!
それぞれ、共通テスト本番レベル模試とは少し違い新鮮だったのではないでしょうか?
模試を受けてみて思うところは色々とあると思いますので、本日のブログでは模試後の気持ちの切り替えについてお話ししていきます!

模試を受けたらすぐ採点!

模試後の精神状態について話す前に何よりも大切なことを先にお伝えします。それは模試を受けたらそのままにせず、すぐに自己採点をすることです。詳しくは5/30のブログで片山担任助手が書いてくれているのでそちらを参考にしてください。

手応えがあれば皆さん進んで自己採点をするかと思いますが、出来た気がしない時は結果を見たくなくて自己採点から逃げがちです。

ただ、あくまでも模試は模試!

自分が出来るところ・出来てないところを知るためのツールですので、何があっても必ず自己採点をするようにしましょう!

結果が良かった人

それではここから本題に入ります。まずは模試の結果が良かった・自分的には満足できる結果を出せた人についてです。
いい結果が出ると嬉しいですよね。まずは自分を褒めてあげましょう!!

(模試までに何か頑張ったことがあれば、その努力を続けることが出来た自分は偉い!とかそんな感じです。)

しかし!その余韻に浸りすぎるのは禁物です!次の模試でも同じようにいい結果を出すために引き続きやらなければいけないことは何か考えて行動に移しましょう。全科目満点でない限りは上を目指せます。上には上がいますよ!現状に満足せず、更なる高みを目指していきましょう!!

思うような結果にならなかった人

次は思い描いていた結果にはならなかった人向けの話になります。
悪かったところばかりに目が行きがちだと思いますが、その中でもできた部分を探してみましょう。全てがダメだったと自分を追い込むのではなく何か一つでも良かったこと・頑張ったと思うことがあれば、素直に自分自身の頑張りを認めてあげてください。自分に厳しくあることも大切ですが行き過ぎてしまうと自分で自分のことを追い詰めることになり苦しくなります。

自分を労わることが出来たら、今回上手くいかなかった原因を考えてみましょう。先にも書いたようにあくまでも模試です。本番を迎える前に自分の穴に気が付けたり、勉強の方向性を修正できることはラッキーなことですよ!結果に囚われるのではなく、その結果を次にどう生かすか、作戦立てを開始してください!

 

これからも模試はたくさん実施されます。どのような結果であっても数字に左右されず、次のステップへの礎にしていきましょう!

次回の担当は大森担任助手です。お楽しみに!!