SS獲得のコツ!! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 10月 30日 SS獲得のコツ!!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

スマホが壊れて落ち込んでいる木下です。

でも、スマホがない分、時間を有効活用できていて逆によかったような気もします。

皆さんもスマホやテレビの時間をなくして、効率よく勉強していきましょう!

今日は“SSの取ることの意味・コツ”について話していきたいと思います。

最近の調布校では、

受講が終わったーという生徒がたくさんいて木下はとても嬉しいです!

が、

本当に終わっているでしょうか?

何言ってるんだと思うかもしれませんが、、

ここで1つ言わせてください。

受講は、講座を見終わっただけでは終わったとはいえません!

受講修了とは、確認テスト・修了判定テストSSにしてやっとおわりといえるのです。

さてもう一度聞きます。

皆さん、本当に受講終わりましたか?

きっと受講終了したうちの半数くらいの皆さんがやっぱり終わってなかった…となるのではないでしょうか?

そもそも

何故SSにする必要があるのか?

授業を見終わった後に授業内容復習をすると思いますが、確実に理解・暗記はできていますか?

自身の受講への理解度を確認するものがなければ、

授業内容を確実に自分のものにすることは難しいと思います。

自分の行った復習に抜け目がないか確認する方法こそが

確認テスト・修了判定テスト

なのです!!

しっかり復習して、テストを受けて何を理解できていないか、暗記できていないかを自分で知って、

確実に自身の学力を上げていきながら受講を進める。

(一発でSSが何よりいいですが、一発でSSを取れなかった人も、最終的にSSには必ずしましょう。)

これが理想的な東進の授業の進め方です!

しかしながら、SSを取ることってなかなか難しいですよね。。。

(私も生徒時代は苦戦することもしばしばありました…)

そこで!

皆さんにSSを獲得するコツをお教えします!

それは、、、

「講座を見終わったらすぐに復習してすぐにテストを受けること。」

です!

中間・修了判定テストで、一発でSSが取れないという人は、

受講修了してからずっとほったらかしにして1ヶ月経ってた…

なんてことないですか?

授業を見終わった後一番授業内容を覚えているということは当たり前のことです。

一番理解できている状態で復習をすることが、

復習のタイミングとしてベストであり、皆さんの頭の中にきちんと入ります。

(理解している状態である授業直後に復習するほうが学習内容の記憶も続きます!)

受講の内容が、頭の中にきちんと入れば!

確認テスト・修了判定テストSSを取ることができますよね?

つまり、

面倒くさがらずに1つの授業のたびにすぐ復習すれば、SSは取れます。

(簡単なことです!後は継続するのみ。)

せっかく自分が伸ばしたいと思う教科を1ヶ月ほどかけて学習しているので、

その時間を無駄にせず、

受講が終わるころには得意教科にしましょう。

明日の担当は備前担任助手です!

それでは明日も

Don’t Miss it!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事